「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/11/4

ぽぽスク祭報告 その11ゲームを楽しんだHO君  行事案内・報告

 いつも遅くやってくるHO君。でもみんなの人気者です。いつの間にか“社長”というニックネームがついています。声が大変小さいので、彼の言葉を待つときはみんなし〜んとなって聞き耳をたてています。
 私などはあまり言っていることが聞き取れず何度も聞くので、そのうちそっぽを向かれてしまいます。でも、スタッフのSさんはちゃんと聞き取れているようですからすごいです。ところが最近少しずつ声が大きくなっています。ぽぽスク祭の役割を何がしたいか聞いたところ、「受付」と言います。聞こえました。「受付は人と話さないといけないし、お金の計算もしっかりしないといけないし大変だよ」と言うと、「その日はヘルパーさんが一緒に来てくれるから大丈夫」と言いました。ハッキリ聞こえたんです。更に驚くのは、自分のやりたいことをきちんと主張していることです。それもあまり迷わずすぐに。
 お祭りの二日ほど前のこと。いつも遅くまでいるのですが、この日も外が暗くなるまでいました。なかなか帰らないのです。やっと玄関まできて、今からさあ帰ろう、という時、事務室に身を乗り出してスタッフのSさんに言葉を掛けました。「雷鳴ってるから、気をつけて帰りや」と。思わずSさんと顔を見合わせて笑ってしまいました。まったく対等な雰囲気の言い方だったからです。
 社長とよばれているHO君ですが、行事の時はちゃんと間に合うようにやって来ます。さすがです。ぽぽスク祭の時もちゃんと来ていました。係りは受付で、Wさんと並んで受付にいました。ところがそのうちバザーの売り場をのぞき出しました。そして、ゲームの部屋にも出かけていって、しっかりゲームを楽しんでいたそうです。彼を見ていると、ひょっとしてぽぽスクで一番逞しいのではないかと思うくらいです。
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ