「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/11/17

干し柿つるして季節感満喫  

学生たちの要求で席替えをしました。
 人間関係は複雑です。「あの子の隣はいや」「あの子と一緒に座りたい」など、その理由も様々です。今回はスタッフから「一つの机を今までの三人掛けから二人掛けにしたらどうか」という提案が積極的に受け入れられました。これでグッとお隣さんとの距離も広がり、選択肢も増えました。
 何とかスクール形式の一人掛けの机がほしい!!来年度までには安く手に入れたい!とスタッフ間で言い合っていますが、耳寄りな情報があればお知らせください!

 その教室の後方=真ん中の教室にぶら下がっているのはToさんからいただいた三百個の渋柿です。
 季節感がただよい、なんとも風情がある風景でいいではないですか…。
 この日の午後の「調理」の「成果」です。

クリックすると元のサイズで表示します

 ホワイトボードの真ん中に貼ってあるのはブログの前号に載ったNくんが出演するライブのポスター。イベント大好きのKくんが描いた未完成のポスター。Nくん、本番頑張ってね。

 この日の「調理」計画は畑で採れたサツマイモを使った料理についての話し合い。ホワイトボードメモはその話し合いの結果です。「イモごはん」「さつま汁」「おいもサラダ」の3品。題して『いもぽぽランチ』です。乞うご期待!

 いつもは一日がかりなのに、この日は珍しく?午前中で調理計画づくりが終了しました。
 それで、予定通り?干し柿づくりに挑戦することになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

 これは前日の渋柿の味見の様子です。
クリックすると元のサイズで表示します
 どうなってんでしょうね?中には「おいしい、おいしい」と言って丸ごと食べてしまった人が3名ほどいました。便秘すんでぇと言われていましたが、大丈夫だった?
 「しぶい」という感覚と言葉が浸透していないようですね。
 勿論、わかっていてまったく食べようとしなかった学生さんもいましたが。
クリックすると元のサイズで表示します

 ですから、皮むき本番前のほんまもんの干し柿の味は格別でした。
 一度はパスしたAくんも「うまい!」という周りの雰囲気に押されてシブい顔をしながら口に入れた後で口中に広がる甘い柿の味に顔がほころんでいましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します 
 Hくんも食後のデザートにいただきました。周りが見えやすく食べるスピードがあがると思ったのですが、目の前で干し柿づくりが始まってもマイペースのHくんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

 Tさんは渋い渋い柿が皮をむいて干し柿にするとなぜ甘くなるのか、いつ頃が食べごろなのか等についても、話し合いをしてくださいました。渋柿を5百個もとってきてくれ、おまけに甘くなった自宅の干し柿まで持参してくれたTさん、ありがとうございます。この渋柿から変身した干し柿の甘さがこの日の皆んなのエネルギーになったことは疑いありません。
クリックすると元のサイズで表示します

 この人もその一人。輝いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 コツコツ・タンタンとベテランらしく皮をむいていくWさんも楽しそう。そして、となりのKくんも触発されて最後まで集中してしていました。(時々「僕は体力がありません」と言ってリタイアすることもある彼ですが…)
クリックすると元のサイズで表示します
 この姿を見てください。
 Aくんは役割分担した仕事を外れることなくやり切りました。しかし、意外だったのは次から次と皮むきに挑戦する学生たちが現れたことです。いろんなやり方で、最後は自分に合った、或いは少々難しくてもあこがれの学生に触発されてチャレンジしました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Aくんもコツコツとひもにぶら下げていき、いつの間にか350個になっていました。
クリックすると元のサイズで表示します


 これが彼らの努力の結晶です。一つ一つに努力の跡と思いがこもり、一つ一つに「性格」がにじみ出ているようです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 翌日の午後も雨のために農業は短時間で終わり、一気に皮むきが完了しました。しめて500個の干し柿の出来上がり!お疲れさん。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 皮をむきながらスタッフのNさんが「しりとり」を始めました。「黙って黙々と働く」?ことが時として強調される「作業学習」があります。私たちはそうは思っていません。この日はとっても楽しい「作業」になりました。時にワイワイガヤガヤしながら、しかし根気よく集中して最後までやりきったあとの気持ちの良さは格別でした。 
7




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ