「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/12/17

クリスマス会&ぽぽろソングス  行事案内・報告

15日(土)は松原北小学校で市内の小中学校支援学級の子ども達と交流してきました。
 ここでもぽぽスク紹介とダンスに歌を披露してきました。場なれしてきて堂々としたものでした。Kくんの笛も練習の甲斐あって今までの中で一番素晴らしいものでした。さらに磨きをかけてね。
クリックすると元のサイズで表示します

 (そのKくんですが、この日は体調不良で朝起きれなくて大遅刻しました。私たちがバスから下車して会場に着く前に彼はやっとぽぽスクに到着。皆が待ってくれていると思ったのでしょう。この時になって初めて彼の方から電話がかかってきて、やっと連絡が取れました。一方的に目的地を聞く彼はパニック寸前でした。
 迎えに行って無事出会えた彼にぽぽろのみんなが心配していたこと、遅れて困ったことも伝え、「どこがあかんかったの?こんな時にはどうしたらいいの?」と聞いて答えるのは「ねぼうしたこと。」「遅れてしまったこと。」ばかり。実は他にも寝坊して遅れた学生もいました。そのことも教えたのですが、理解してほしいことがなかなか伝わりません。
 それで、会場までの道々で私と彼との携帯でロールプレイしながら歩きました。こちらから携帯を鳴らしても出ないので調べてみると、音もバイブも小さすぎて気がつかなかった様子。携帯を手に持ってやっと電話がかかってきたことが分かって出ることができました。彼の方からもかけてもらい、「どうしたの?…そうか、よく知らせてくれたね。大丈夫だよ、バスに乗ってきたら大丈夫…。」と伝えました。その上でもう一度「こんな時にはどうしたらいいの?これからはできるかな?」と聞くと、すかさず「ぼく、電話する。」と。
 もう一つ、寝坊して起きた時に電話してねと聞くと「家では電話しないように言われている。」とこたえる彼。使いすぎでもあったのでしょう。どうやら叱られたようです。ははぁ〜ん、電話しなかったホントの原因はこれではないか…。こんなふうに叱られたりすると、オール・オア・ナッシングで融通がきかないのでしょう。こんな時はかけてもいいよ、必ずかけてね。おウチの人も怒らないからね。と言って納得したようでしたが、今後に期待しましょう。)


 終わってから、自主参加で鶴見区の大阪発達支援センターぽぽろの青年たちのつどいであるPOPOROSONGSに参加しました。
 これは何も用意していなかったけどプログラムに出番があるのを見て急遽、ぽぽスクのヤンクラリーダー・タロウくんにギター演奏してもらって歌った「ともだち」。急に言われるのが大嫌いな学生たちばかりだったのに本番で折り合いをつけて歌えたのはたいしたもんです。

クリックすると元のサイズで表示します

 これはみんなの憧れ、スタッフのSさんにヤンクラ生のワタちゃんも加えてはいチーズ。今年の女装大賞があるとすればトリを務めたこの人に間違いなしです。
クリックすると元のサイズで表示します

 ぽぽろ(放出)の学生バイトスタッフ(奈良教育大)たちによるダンス。舞台上で踊りの途中にサンタさんに全員が変身!…こんな若者たちが集まっての楽器の演奏や歌、女装大会、スピーチ、一人漫才などを楽しみながら、ジュースやお酒に差し入れ盛りだくさんの軽食であっという間の3時間半でした。
クリックすると元のサイズで表示します
 フィナーレはぽぽろのテーマソング今枝直也作詞・作曲の「ロックンロールにあこがれて」を大合唱しました。
クリックすると元のサイズで表示します
 次は2月16日(土)の「ぽぽろ青年の集い」です。「青年の主張」が楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します
7




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ