「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/8/26

自治会行事(その1)!  日々の活動報告

8月12日(月)
いよいよ自治会行事!
朝から看板を出して・・・
クリックすると元のサイズで表示します
いざ!スタート!
自治会行事なので「みんなで」協力して進めます。
いつもは遅刻してくるMくんも、今日は違います!!9時半までにきっちり来ていました。
実は、Mくん前回の「竹づくり・竹のおわんづくり」に遅刻してやれなかったこともありました・・・「早くこればよかったぁ〜」の一言。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは、全体で担当グループの確認から。
そうめんグループと焼き焼きパーティグループの希望するほうに行き、調理をします。はじめは、みんな勘違いして、行ったほうを食べられると・・・(笑)
また、調理のイメージが持ちづらい学生もおり、どちらかに入ることを強制はせず見学グループ"も設けます。スタッフから「やりたくなったらおいで〜」と声をかけてあとは待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
そうめんグループは、そうめんを合計50束茹で、薬味に「ねぎ・のり・わさび・しょうが」などを準備し、トッピングは自由にお好みで♪
焼き焼きパーティは、2sの鶏肉を一生懸命切って、たまねぎも涙を流しながら切りました。肉は、「一口大くらいかな?」と言っていると、切る人によってバラバラの肉が…(笑)「ちょっと大きいんじゃない?」「その半分くらい!」と話し合いながらでした。

これらの食材の種類や量も学生たち同士の話し合いのもとで決められています。

もちろん、予算400円以内(昼食1食分)を意識して、どれくらいにしたらいいのか、役員のなかで何度も下見を繰り返して、予算立てをしていました。大変だったね〜

クリックすると元のサイズで表示します
そうめんだけでなく!!!
スポーツでお馴染みの「仏のTさん」から「ぶどう」「トマト」「マスカット」「ゼリー」を買っていただき、学生も大喜び!!

いよいよ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
お好みのトッピングを作って・・・!!

クリックすると元のサイズで表示します
並んで、食べることに夢中!ここぞとばかりの集中力!視線の先は「そうめん!」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こうやって、流れ落ちたそうめんをすくって食べる学生もいました(笑)
彼はしきりに「そうめんも結局流される運命なんです」と…意味深ですね。

食べ終わってから「まだ焼き焼きパーティあるんだよね?」と、学生の中から弱気な声も漏れていました。

さぁ長くなったので、とりあえずここまで!
「焼き焼きパーティ編」は次回載せたいと思います!
11




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ