「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2013/10/14

ぽぽスク祭だよ!  行事案内・報告


「ぽぽスクまつり」にご参加、ご協力ください!
 いよいよ今週の19日(土曜日)午前10時開始で14時まで、ぽぽろスクエアを会場にぽぽすく祭りを開催します。皆さん、お気軽にぜひお越しください。

 また、バザーなどのお手伝いをしていただける方はご協力をお願いいたします。
 当日は午前9時集合です。根付けは16日の午前10時からぽぽスクで行っています。(バザーの人手が少し足らないかな?)

 バザー用品もまだ不足しています。バザー物品の提供にご協力いただける方、ご持参いただくか近くでしたら取りに行かせていただきます。よろしくお願いいたします。

 先週の金曜日からぽぽスくの玄関にはこのような宣伝物が掲げられました。
クリックすると元のサイズで表示します
 ノボリも風に勢いよくたなびいています。
クリックすると元のサイズで表示します
 この横断幕の補修(上の竹を横に通す輪っかと両端の紐通し)は学生のWさんが二日で作り上げてくれました。ありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

 さて、明日から学生たちは放課後に地域にお知らせのチラシを配布しに行きます。今年は少し広範囲に配布したいと思っています。台風が気になるところです…。
 学生主催の喫茶とゲームコーナーもみんなで試してみてから役を決めました。収益は自治会活動に使います。

 それでは皆さん、待ってま〜す!!


眠っているグローブやバット、ソフトボールはありませんか? 
 追伸:最近、土曜日の余暇活動(ヤンクラ)や昼休みに近くの公園で野球をするのが流行りつつあります。最初は柔らかいボールとプラスチックバットでやっていたのですが手応えがイマイチでした。新たに金属バットとソフトボール、グローブが手に入り(一部購入)俄然やる気になってきました。
 しかし、まだグローブが足りません。バットも一本しかありません。ソフトボールも少し大きすぎて…。みなさんのおウチで眠っているソフトボール用の道具があれば是非とも提供していただきたいのですが、ご協力いただける方はお知らせください。
9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ