「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2014/3/15

(無題)  

 ぽぽろスクエア第一期生のみなさん。終了・ご卒業おめでとうございます。
 こんなに感動した卒業式は経験したことがありません。
 本当に一人ひとりが自分のことばで卒業のことばを言っていました。
 学生が主役、輝いていました。

 ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

式終了後のハージーのライブ、盛り上がりましたね。ネットバンドの皆さんとMASAさん、ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

そのあとのぽぽスクを支える会の総会で“発言”したKくん。今日の卒業文集の表紙絵を描きあげました。
クリックすると元のサイズで表示します
 
 最後の“放課後活動”?今日は家で母ちゃんと父ちゃんが待っています。スタッフは急に寂しくなりました。“帰れ帰れ…”と言ってきたのに、“Hく〜ん帰らないで!!!”のコールが。
 しかし、彼は決然と上履きをカバンに入れ、自ら一人ひとりのスタッフと握手して立ち去りました。
 もう、ホロッときてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します


 式で述べさせていただきましたお祝いのことばを掲載し、門出をお祝いしたいと思います。

ぽぽろスクエア第一期生の卒業にあたりまして、一言お祝いの言葉を申し述べます。
ぽぽろスクエアを修了される卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
また、本日はお忙しい中、ぽぽろスクエアを支える会会長で大阪市立大学の湯浅先生ややしま学園高等専修学校の谷口校長先生をはじめたくさんの皆さんにお越しいただき本当にありがとうございます。

天気が良くて本当によかったね。ただ残念なのが卒業式を楽しみに待っていたwさんが体調が悪くて出席できなかったことです。でも、12名全員が一人も欠けることなくぽぽスクに来てよかったと言って卒業することです。今日は3月15日、315、さ・い・ごー、最高!そうです、最高の日だそうです。そんな一日にしたいですね。

 さて、卒業生の皆さんは第一期生でもあります。高校を卒業してももっとゆっきりじっくり学びたい、やしまさんのような専攻科があったらいいなという思いで、福祉事業を活用した卒後の学びの場を大阪で初めて開設しました。皆さんはその年に入学しました。
 ぽぽスクのリーフレットにはこう書いてあります。
 応援したい!「仲間と一緒にせいいっぱい青春したい」を。と。
 みなさん、どうでしたか?目いっぱい青春できましたか?

 文集や写真などを見ていると、先ずはみんなが楽しい思い出がいっぱいあると言っていることです。特に修学旅行はみんなの手作り感があって、ちょっぴり大人の世界に接することもできたし、それぞれの目当ての観光スポットにも行けたし、いい思い出になりましたね。
 次にみんなが友だちを意識し、友達と過ごす時間が好きになってきたということです。2年前は自分のことで精いっぱいで、クラスもバラバラでした。
 そして、必ずそれぞれが好きな授業があり、好きなスタッフがいるということ。自主ゼミなど、好きなこと、得意なことで自信をつけていきましたね。

 2年は短い気がします。
しかし、ぽぽスクで得たもの、この楽しい思い出と仲間達ですね。それがあれば、これから先、少々つらいことがあっても思い出したり、相談したりして乗り切れると思います。これからはぽぽスクは心のふるさととして、少し距離をとりながら皆の励みの場になればいいなと思っています。

保護者のみなさま。本日はおめでとうございます。まだ形も整っていないぽぽろスクエアの立ち上げに当たって、さまざまな不安と期待が交錯していたことと思います。皆様のご期待に添うことができたましたでしょうか。試行錯誤の連続でした。また、あっという間の2年間、もう少しという思いもおありかと思います。しかし、私どもはこの中でも葛藤しながら家族から少しずつ距離をとりながら、仲間といっしょに巣立っていこうとする彼ら青年たちのより良く生きようとするひたむきな努力に、確かな夢と希望と手応えを感じています。
これからも、彼らと、そして私たちのぽぽスクをごいっしょに見守り、育てていただけましたら幸いです。

また、これまで陰に陽に彼らをささえ、励まして頂いた関係者の皆さん、これからも自律に向かって歩んでいくであろう彼らの行く末を温かく見守り、支えていっていただきますよう切にお願いする次第です。
本日は本当に卒業おめでとうございます。

 
8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ