「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/7/17

(無題)  日々の活動報告

先日の15日(金)、Tさんと二人で備品の調達に行きました。堺の中学校2校へ、廃棄処分になるものを頂いたのです。教頭先生、事務の先生と支援学級の方々に大変お世話になりました。また、地主さんにもまたまた軽トラックを貸して頂いて、3往復をしました。今度ばかりはガソリンを入れてお返ししなければと思っていたのに、疲れ果てて、すっかり忘れてしまいました。
 「もう一人は男手が絶対入りますよ」と荷積みを手伝って下さった教頭先生のお言葉で、そういえば、積むときは学校なので手伝ってくれる人がいるけれど、おろすときはどうなるんやろう、と浅はかな自分に愕然。そんな急に言っても来てくれるほど皆さん暇じゃないよなあ…と思いながら、Nさんに連絡を取ると、午後なら何とかと、大変有難いお言葉にすがりました。
 予定を組みなおして、岸和田への搬入をやめ、またまた我が家に入れることにしました。朝の8時半から夕方の6時半まで、昼食を取った以外は休むこと無く炎天下の作業でした。何人もの方に助けてもらってやっと荷積みができてこの時間。もしそれがなく、岸和田に運ぶなどしていたら、夜中になっていたかも。次は2トントラックを借りようか、と話が出ましたが、2トントラックを運転できる人いますでしょうか〜。
 で、ゲットした備品の数々を紹介します。
 作業台3台、一人がけソファ二つ、本箱(180センチの高さ)、書類ケース(なかなか大きい)、書類ロッカー(無茶大きい)、自転車2台、展示パネル(コンパネ三つをつなげて足がくっついた大きさ)、蛍光灯の器具(大)、洗濯機、身長計、事務イス(回転する)、折りたたみベッド、ベンチ(ばらばらに分解して、組み立てられるかなあ)、まな板30枚ぐらい(木工の材料にはなる)、染め桶(4つ、くず入れになる)、載って遊ぶ板(名前を知らない)、丸イス(10脚、張り替え必要)、包丁5本ほど、すり鉢二つ、食器少々 でした。
 この日の下見に行ったときに、洗い桶5つ、ジューサー、ミキサー2台、デジカメ3台、録音機(小さい)、たらい、大きなボール(2つ、球ではありません、お料理に使う物)を頂いています。これが、全部我が家にキタノで、ますます体を縮めて動いています。一日も早く建つことを願うばかりです。
7




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ