「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2011/8/25

第2回体験会  行事案内・報告

 昨日、今日と「ぽぽろスクエア」の2回目の体験会です。参加された方はのべ11名になりました。第1回目体験会とだいたい同じ内容です。
 「日直」も二人が自主的に手を挙げてすんなり決まりました。
 自己紹介をしてから書道の取り組みに入りました。
 昨日、午前中にとりくんだ書道の作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 書道の合間に私は初めての保護者の方に「ぽぽろスクエア」について説明をしてから、建設中の場所まで保護者の皆さんを案内しました。ちょうどお昼時で建設関係の方はいらっしゃいませんでした。地盤を強化するためのくい打ちが終わって、建物の土台の部分の工事が始まっていました。それを見てみなさん、「思ったより広いね」とおっしゃっていました。
 
 これまでも含めて説明会で出される質問の中で共通した内容があります。「子どもたちには学べる期間が延長されることはとってもいいことだと思う。でも一方で、子どもの自立を考えたら、手に職をつけて早く就労した方がいいのではないでしょうか?ぽぽろスクエアに行かせたい気持ちが強まる一方、就労させて厳しい環境においた方がいいのではという君との間で揺れます」と話されます。学校の先生方の場合にはもっと強いのかもしれません。「ですから、自立訓練事業2年間のあとに行くところがちゃんと用意されているのか?」という質問が返ってきます。
 皆さんは、どう考えられますか?
 そんな場合、私たちは結論を急がず、子どもたち(生徒)自身が試行錯誤しながら考え決めていくことを助ける、或いは子どもたちと一緒に考えてみましょうねと呼びかけています。親や教師の思いが先行しないように、子どもたちの自己決定を尊重しましょうという支援のあり方が問われています。

 「学校から社会へ」「子どもから大人へ」の青年期の移行課題は「就労すること」だけではありません。社会生活を送る上での必要な課題・能力は広く深く、「就労」はその一つにすぎないのだし、「就労」を支える力が細かったり、親や家族に依存し続けていたのでは長続きしないと思います。青年期の豊かな教育・じっくりゆっくり自立への力をつけるこそ必要だと考えています。

 さて、夜は堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会の事務局会議でした。
 社会福祉法人コスモスさんの研究所をお借りしました。いつもありがとうございます。

 9月20日の卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどいでは体験会に参加いただいた保護者の方の意見もお話しいただこうということになりました。

 9月20日(火)午前10時〜12時 サンスクエア堺です。駐車場(有料)はあります。講演は坂井清泰先生(電通大教授)です。参加費は無料です。どなたでお気軽にご参加ください。終了後に個別の説明会や相談会も予定しています。

 また、第一次利用募集登録の期間が9月1日〜20日までとなりました。定員に達すれば基本的には一次で締め切りとなりますが、申し込み状況をみながら3回目の体験会を12月ごろに計画し、第二次募集(個々の募集は随時可能ですが)期間を決めさせていただく予定です。

 なお、募金額は1,400万円に近づいています。まだまだこれからです。奉加帳なども増刷し頑張ろうということになりました。
 
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ