2009/7/12

人間性においては左右関係無し  日々の雑感

あの『将軍様なみの鈍感力をお持ち』のチキンホーク先生などを見れば解るが、ネット右翼と言うのはあれほどにまで堕落して、人間らしさが無いのに辟易した。

発達障害による勘の鋭いアンテナを持ってるから、小泉改革そのものがどれほどにまで害悪なものか、それによって国民の心の余裕がどれほどにまで失い、それによって個人消費や内需拡大にどれだけ影を落としたのかと言う事が察知できたので、さっさとネット右翼の世界からおさらばした。

そして自分自身が発達障害である事を医師から診断してもらい、その友好会をきっかけに左翼に対する偏見が和らいで来たものであるし、「喜八ログ」の影響もあってか近頃は『お玉ばあさんでもわかる政治の話』にもアクセスしてちょくちょくコメントする様にもなって来た。

私自身がネット右翼に一番辟易したのは「○○がこうであるから、制裁せねばならない」と言う『制裁して改善する』の姿勢だ。チキンホーク先生などは「官僚を懲らしめれば国が良くなる」ような心の余裕の無いまま相手に対して容赦ないまでの制裁を科す事で満足する態度。それはあの占領軍が神道指令、教育勅語廃止などにより日本古来あった伝統を破壊したのと同じであるし、それを肯定した進歩系文化人が「新しい日本の船出だ」と言っているのに等しい。

なぜ、あれほどの制裁措置をとらねば気が済まないのか?
それは「貴方の事が解っている解っているからこそ、それをカイゼンする為に厳しい措置を下すのよ」「この厳しい措置を理解してカイゼンすれば新しい風が吹いて誇らしく思って感謝する」と言う善意からだろう。

しかし、悪く行けばそれは『洗脳』でもあり、カルト団体によって家族離散などのトラブルが起きるのもそれが第一の原因。逆に人間性などが摩滅して精神性に異常を来すのは知っての通り。

言うまでもなく小泉改革にある「米百俵の精神で痛みを耐えれば、カイゼンできる。左派や中華圏はアレだから厳しい措置をするまでだ!!」「左派政権になれば国が滅びる、だからこそ米百俵の精神で忍耐して、清く美しく貧しく生きよう!!」とまでに人間性が摩滅して、精神に異常を来す事になる。

なぜ、拉致問題もあれほどにまで大衆から遠く離れていったかと言うと、自民党のあの態度などもそうだが、経済制裁問題で「拉致被害者を救出するため断固たる措置を取るべきだ!」確かに正論であり、家族会の悲痛な叫びもあるが、それに共感して右派が感情的に「強硬姿勢を取る事が正しい」とやってしまったために、大衆が距離を置き始めたのでは無いかと思う。

その醜悪な態度をどっぷりと見てしまった以上、喜八さんなどが自粛してほしいと思う気持ちも解るし、新三さんが厳しく指導するのも解る。苟も政治家の後援サイトだから軽はずみな事で暴走されれば支持を失うと言う事も。それが出来なくなったため衰退した団体もある。

私自身も喜八ログなどを見て「如何に建設的な事で共生共存社会を作り出すか」を想定してるし、喜八さんや友好会があってこそこうやって発達障害者である事が明かす事も出来るし「お玉おばさん」の事も友好会で聞いては「喜八ログ」をきっかけに書き込む事が出来た。やはり、自分自身だけでは生きていけないことも実感できる。

無論それだからこそネット右翼批判のみだったら自らトラバすることもないし、同時にそのようなブログにもしたくないのが私の願いです。

喜八様、今回は二本立てで送りますが、これは一種の感謝の気持ちです。
新三様、たまに暴走する時もあるけど、その時は厳しく指導なさいませ。
凛様、ここはコメントが無いので一番乗りしやすい・・・(自爆)城内氏のブログにもちょくちょく来ますのでよろしく御願いします。

どうも皆様、この桔梗電信網を愛していだだく様心からよろしく御願いします。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ