2009/6/26

役立たずの笑い者  曲学阿世の輩

クリックすると元のサイズで表示します
『役立たずの笑い者』

「三國演義」でおなじみの諸葛亮孔明が赤壁前哨戦の時に呉の論客との論戦で使われた言葉。または『曲学阿世の輩』とも言う。

『真の学問とは世のため、人の為に役に立てようとするためにあり、それに対して学問の為に学問をし、自分の栄達の為に使わないのは役立たずの笑い者だ』(諸葛亮孔明)

私が城内実氏を支持する理由の一つが

『横須賀の暇人が皇室を蔑ろにする「逆賊」であり、国体を破壊し「国賊」である』事。

それに対し、城内実氏は地道に政策を考え、万民の平和と安全を守る為に尽力してるか
らであり、あの郵政民営化に対しては『年次改革要望の事を知らなかったら、賛成はしていたが、それを知って以降反対した』とある様に、郵政民営化そのものが国益に害する事を察知した事であり、国益を擁護する為に反対した無念さがにじみ出ている。

役立たずの笑い者と言えば、代表格がマスコミ。

今回はタレント知事が自民党に行くか行かないだと騒いでは、当人は総裁になるだとかなんとかでごたごたになってるようだが、田中康夫の例もあるだろうが!!

それ以前に任期途中の知事に対して選挙に出馬しろだと!!えらい目に遭うぞ!!
そんな職務放棄者に票を入れるほど庶民は馬鹿ではないぞ!!

そんな馬鹿騒ぎを報道する暇あったら、もう少し真面目で誠実な議員の功績ぐらい報道しろ!

馬鹿騒ぎとも言えば、安倍総理の辞任の時もそうだった。あまりにも役立たずの笑い者が騒ぎすぎるので、あきれ果てて『三国演義』のドラマで「赤壁の戦い」を見ていましたが(そのため「RED CLIFF」と言うハンドル名が決まりました)。

マスコミが報道するのは政策ではなくて政治闘争、その政治闘争をサスペンスドラマの様に面白おかしく報道して、それが選挙の判断基準にされればたまったものではない。

『品行下劣』

この言葉しか浮かばない。精神がまっとうではないよ、功績を無視して、他者のアラを探してそれで叩きまくる事自体が「心が貧しい」と言うものでしょう、それで健全な社会が出来ますか、大人が子供の模範としてやれますか。

視聴率のためとは言え、ただの馬鹿騒ぎでは社会の模範として誇りが持てますか?

不安を煽って、乱痴気騒ぎを繰り返し、他者のあら探しに終始することが健全でまっとうな思考ですか?

何よりも子供の前で『真実を見つめ、社会正義の為にやってます』と誇りに思えますか?

実際は違うでしょう、あたかも子供に見せてはならない有害なものをまき散らしてるだけではないのでしょうか?

それを自覚すれば、有害サイト規制法について異議申し立てて、表現規制と政道非難封殺の危険性を解くべきでしょう。

いくら社会正義の為とは言え、誰かを叩き潰すなどと言う思考でやるべきではないでしょう。

そう言う姿勢が無いからまっとうな庶民から呆れ果てて視聴率が下がるのです。

今回はマスコミ批判に終始しましたけど、弱肉強食や他者排斥ではなく、共生共存・相互扶助が如何に重大かを書きました。

そのためには独善的な正義に奢らず、自己反省して見直しながら成長したいと思います。

城内実様、喜八様、そしてブログの常連の皆様。

『誰もがまっとうに生きられる、共生共存の社会』
『思想は違えど、切磋琢磨して成長する』ことでは共通してると思います。

どうかこれからもこの新参者のブロガーをかわいがっていただける様、よろしくお願いします。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ