2009/9/25

エコバブル?  民主党政権

あの自称被害者さんが面白い事を書いてくれたので、ここに挙げておく。

【(鳩山公約を達成するには)全ての新築家屋に太陽発電装置を義務付け、新車の90%、日本の全車数の40%をHVにした上、現在の太陽光発電を55倍に増やす必要がある。】

これを実行したら、どれほどのカネが市場に出回るかちょっと計算してみな?いざなぎ景気どころじゃないよ?前史以上のバブルの到来だ。そもそも国民のカネ 1400兆円は使われないで眠っているから不景気なんだろ?それを無理にでも使うようにすば物凄い内需によって好景気が到来する。


へーっ、こりゃ凄いわ。本当にこれが実現したらエコバブルの到来だね。特に凄いと思ったのは

もし国民一人当たり36万円の負担=内需拡大を義務付けるような政策が実行されれば世の中はいっきに活気付く。それは負担の額をはるかに上回る好景気をもたらす。

それだったら言わんまでもなく政府紙幣を財源にした一人当たり40万円の高額給付金を実施してもらいたいね。

多分、鳩山内閣の公約達成は『絵に書いたモチ』に終わるでしょうね。自称被害者が云う『エコバブル』になる以前に必ず聞こえるのが『財源』と言う奴。

これに関しては『デフレギャップ脱却による景気回復』を公約して『財源はデフレギャップ500兆円を基本とした政府紙幣』とも云えば、本当に鳩山内閣はただ者じゃないニダとも云えたのにね。

残念な事に自民党よりも政府紙幣の価値や使い道を知らないのが民主党で、政府紙幣以前に国民新党の積極財政を受け入れるか受け入れないのかの瀬戸際なのにね。

何せマスゴミの『現実路線』でブレた前科もあるし、財源の問題で反故もあるからね。それに次いで国民新党の積極財政を受け入れなかったら、思い切った経済政策は出来ないと言う事で自民党二の舞になる。

そう言う事も考えておく様に。


1



2009/9/25  16:35

投稿者:レッドクリフ

どうも、こちらこそお久しぶりです。

>CO2排出権の売買などもまた独占的な利権となりそうです。その取引によりどこが儲かるのか。。。

大開発で排出量が高いお隣の国なぞ『天空月餅落下了』(お空から月餅が降って来たアルよ)と云われてますからね。バブルが起きる事は確実ですけど、どのような形で起きるかは不明瞭ですね、

それは兎も角、鳩山内閣公約のおかげで内需拡大されればメシウマものですが、そうは簡単に行かない様です。

もう解っての通り、国民があのような状態になっているから、最終的には国が金を出さねばならない状態ですし、そうとなれば『財源』と言う問題に突きつけられますから。

エコカーの問題に関してはアソーがもうやってるから、それは継承するでしょうね。太陽光発電の場合は、多分『国費の無駄遣い』と言う事で叩かれるでしょう。

と言うのは太陽光パネルが「日本の気候風土では劣化しやすい」から、太陽光発電衛星を打ち上げたが効率的なのです。

http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-736.html

>また民主党議員には積極財政の経済について勉強させるようにしていかないといけないですね。

地球温暖化対策を内需拡大の大義名分にする位の知恵があれば良いですが、先ほどに述べている様に無駄が多い分、効果が薄いものでしょう。

一説では民主党の経済政策は『少ない成長率で負担増』とも言われてます。
「子供手当」や「時給1000円」などがそう。本当に内需拡大の積極財政をするなら『デフレギャップ脱却で政府紙幣による高額給付金』のほうがよほど効果があります。

それ以前に民主党が国民新党の積極財政を受け入れて政府紙幣の発動をするかに鍵がかかってますね。

長文失礼しました。


2009/9/25  7:12

投稿者:デューク

こんにちは、お久しぶりです。

地球環境問題に関しては民主党は間違った前提の上に立っているといわざるを得ないと思います。

地球温暖化が二酸化炭素などの温暖化ガスによって起こっているということは全く証明されていない仮説でしかないということです。それどころかいくつも反論がでているわけで。。
また、人間の一般的な活動で温暖化ガスといわれるものを最も排出するのは牧畜業で、それはつまり肉食を控えることが理想ということになります。でも民主党政権はそういうことを全く言わない。
それと、CO2排出権の売買などもまた独占的な利権となりそうです。その取引によりどこが儲かるのか。。。

経済に関しては子供手当てなどにより、お金の流れが大企業から個人に変わることになるので、国民の生活は若干まともになると思います。あとは亀井金融大臣がどれだけがんばれるかによりますね。また民主党議員には積極財政の経済について勉強させるようにしていかないといけないですね。

http://ameblo.jp/dukeearl/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ