2010/8/4

ピカに負けるな!  日々の雑感

原爆投下は被害の規模とかではなく、それによって人間の醜い部分がまざまざ見せられたと、永井教授が言うように『原爆投下によって人間というのはこのような残酷な事ができるのか』という人間不信を産み出した。

今年でようやく65年を迎えるが、今でも被爆者の中では『誰かを助けることが出来なかった』という事で悩み続けている人がいる。

『はだしのゲン』で、あのような状況の中で家族を助けようにも助けられなかった、被爆者たちが助けを求めていたのに、それに対して助けられなかった。

あのような惨状だったから助けられなくてしょうがない事は解かっても、それでも「助けられなかった」という事で自分自身を責め続け、苦悩する被爆者がいる。これこそが永井教授が言う原爆投下によって人間の醜さをまざまざ見せられたと言う事ではなかろうか?

しかしこの期に及んでも「あの時は助からないからしょーがない」とまでに決め込んで居直っているやつがいる。

それが『奴隷ポチ』と呼ばれる原爆投下の歴史認識を『国益だからしょーがない』と鬼畜米国に売り渡した連中のことである。

もう原爆投下の歴史認識を売り渡した時点から人間を放棄している。完全に人間の心をかなぐり捨てている。

朱蒙氏の投稿より抜粋

北朝鮮に対してはいくら政府が動かなくても「経済制裁しる!北朝鮮に舐められるな!」と息巻いているくせに、アメリカに対しては奴隷根性丸出しで「抑止力」だとか念仏唱えてますね。

もしかしたら「九条守れ」とか言っている連中と一緒にアメリカ様抜きでは何もできないのかな


何せ拉致問題の時にはいくら政府が『曽我さん一家救出でおしまい』と居直っても『経済制裁を!!』とまでに毅然たる態度を取ってきた御仁が、普天間問題では『国益のためにアメリカのご意向に従ってもしょーがない』とまでに奴隷根性を発揮していたな・・・この奴隷マゾブタどもがwwww

朱蒙氏の言うとおり、こいつら自分自身が蛇蝎のように嫌ってる『憲法第九条』にしたがってダメリカさんの正義に基づいて平和を希求し、それを実行するためにアメリカ批判を禁じますとやっているもんだからな。それで原爆投下の歴史認識を「国策の誤りであり、軍都だからしょーがない」とまでに鬼畜米国に売り渡しているからな。

何のための憲法改正だ!?
何のための教育改革であり、何のための占領政策批判だ!?

確かに日米安保条約は大事なものであるが、それならばなぜ、反米親中政権が出来たのか?ということを伝えることも大事ではないのか?それからも逃げて『日米安保条約にひびを入れた民主党はけしからん!!』とまでにファビョる。

今でも原爆投下のような状態が起きているのを知らないのか?
『資本主義だからしょーがない』『グローバリズムだからしょーがない』という事で無批判にアメリカニズムを受け入れた結果、相互不信やそれによる民心の崩壊という地獄絵図が。

それに対して『自己責任』とか『自助努力』『依存より自立』と居直れるのか?

グローバリズムによって日本人の心がここまで破壊されて、萎縮している状況をしょーがないと甘受して『誇り』とか『毅然とした態度』などと言えるのか?

『被爆者の仇を討つ!』という事でも『誇りある日本の心を守るためにもピカに負けない』事ではないのか?それが出来なければ非核三原則を守ろう、核廃絶とのた打ち回っている輩と同じとしかない。

本当に憲法を改正するならそのような『モラルの欠如』こそ問題にすべきあり、尊厳を得るために戦うというのはこういう事ではないのか。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ