2012/12/31

退職と源泉徴収  マネーと投資の情報

ただ、退職した人が確定申告をしても、必ずしも源泉徴収の所得税還付があるわけではありません。
年末調整は会社が12月支給給与でするので、既に退職している人で転職していない人は、源泉徴収ができないので、確定申告をする必要があります。
決定された所得税と源泉徴収された合計との差額が、年末調整で調整されるわけです。
そのため、3月31日に退職した人は、1月1日から3月31日までに、源泉徴収として、支払った給与総額が明示されることになります。
基本的には、源泉徴収の清算は年末調整ですることになっていて、これは1年の収入と控除額を計算して最終的な所得税を算出します。
退職に際しての源泉徴収票は大事で、なぜなら、それは転職先での年末調整をする際、必要になるからです。
退職した人については、事前に会社から退職年度の源泉徴収票をもらう必要があり、それで確定申告をしなければなりません。
なぜなら、源泉徴収票は、住宅補助や住宅ローンを利用する時などに、急に必要になることがあるからです。
源泉徴収票というのは、転職するかどうか別にして、退職年度分と前年度分を必ずもらっておくことです。
とにかく、退職する人は、源泉徴収票は、退職後にすぐに会社からもらっておくようにしなければなりません。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ