2013/4/27

法人登記の規則  マネーと投資の情報

法人登記の規則では、組合員の加入での新組合員の組合原簿については、前の組合原簿に編綴するとしています。
商業法人登記の規則では、印鑑証明書を二つの観点から要求するように定められています。
代表権を持つ人間が実在していることを確認するために、そうした法人登記の規則を定めているのです。
保証責任又は無限責任の組合についての法人登記の規則は、附録第3号の様式にのっとって丈夫な紙を用いて調製します。
相当区に登記する場合は、法人登記の規則として、登記すべき事項の名称が表示と同一でない場合、名称を付記してはならないとしています。
甲登記所の管轄地の一部が乙登記所の管轄に転属したときは、法人登記の規則として、甲登記所は登記記録と附属書類を乙登記所に移送しなければなりません。法人登記の規則は、法人及び外国会社を除いて、その他の外国法人の登記の取扱手続に準拠するものとしています。
登記官は、組合原簿の表紙に受附の年月日及び番号を記載しなければならないと、法人登記の規則で定めています。
商業法人登記の規則では、選任手続の真正を担保させるため、議事録への実印押印と印鑑証明の添付が必要です。
代表取締役が会議に出席し、法務局に届け出ている会社実印を押印した場合は、法人登記の規則では、印鑑証明書の添付は省略できるとしています。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ