2013/4/28

法人登記の登記情報提供制度  マネーと投資の情報

非常に便利な法人登記の情報制度は、電気通信回線による登記情報の提供に関する法律で定められています。
法人登記の情報は、所定の手数料を納付すれば、従前の登記簿の閲覧に代わる登記事項要約書の交付も請求できます。
会社や法人の法人登記のための登記事項証明書や登記簿謄本などの有益な情報を確保することができます。
この法人登記の情報については、誰でも所定の手数料を納付すれば、その交付を請求することができます。
登記事項証明書についても、法人登記の情報交換システムにより、最寄りの登記所から他の登記所管轄のものを取得できます。

法人登記の証明書についての情報としては、印鑑を登記所に提出している人は、手数料を納付すれば、印鑑証明書の交付を請求できます。
登記所の窓口に証明書発行請求機が設置されている場合は、容易に、法人登記の情報を得ることができます。
印鑑証明書を法人登記で請求する場合は、申請書に、会社の商号、本店、印鑑提出者の資格と氏名、そして印鑑カード番号を記載します。
一般財団法人民事法務協会が指定しているのが、法人登記の登記情報制度で、便利に利用できるようになっています。
この法人登記の情報は、インターネットを利用することで、一般利用者が自宅や事務所のパソコンで確認できます。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ