2013/4/29

法人登記の必要書類  マネーと投資の情報

法人登記の必要書類と言えば、設立登記申請書があり、これは会社の登記を行う際の申請書を指します。
また、登録免許税納付台紙も法人登記の必要書類で、これは登録免許税を納付するための印紙を添付する用紙になります。
この場合の法人登記の必要書類については、公証役場で認証を受けた定款が必要なので、注意が必要です。
委任状も、法人登記の必要書類になりますが。
法人登記の必要書類には、発起人の過半数の一致を証する書面もあり、設立時役員の氏名を具体的に記載していない場合に必要になります。
払込みを証する書面も法人登記の必要書類で、これは会社に対して資本金が払われたことを証明するための書類になります。
コンピュータ庁でない場合は、法人登記の必要書類は、登記用紙と同一の用紙を用いることになります。
資本金の額と資本準備金を発起人全員の同意により定めた場合にも、法人登記として求められる必要書類の1つです。
CDもしくはFDに収納するか、OCR用申請用紙に記入して法人登記の必要書類を提出することになります。
法人登記をする場合の必要書類としては、登記用紙と同一の用紙が必要で、会社の本店所在地を管轄する法務局で取得できます。
発起人決定書及び発起人会議事録も法人登記の必要書類ですが、これは会社の本社住所などを定めていない場合のみ必要です。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ