2013/6/24

ミャンマー投資委員会  マネーと投資の情報

ミャンマー投資委員会は、最近、国内での自動車販売認可を受けた大手自動車メーカーが計8社になったと発表しました。
日本のトヨタや日産、ホンダなどもミャンマー投資委員会が販売許可をしています。

ミャンマー投資委員会の動向を見ると、外国投資法によって飲料産業のジョイントベンチャーを許可しているのがわかります。
しかし、ミャンマー投資委員会が出した結論は、一方で地元企業が競争に勝つのは難しくなっています。
ペプシやコカコーラなどのソフトドリンク製造業者やその他の外国企業は、ミャンマー投資のビッグチャンスです。ミャンマー投資委員会は、昨年成立した新外国投資法に基づき、その施行細則を正式に発表しています。
アジアでは、韓国の起亜自動車社や、インドのタタモーターズなども、ミャンマー投資委員会が販売許可しています。
ミャンマー投資委員会の内容は盛りたくさんで、ニュースでもかなり取り上げられています。
自動車関連部品の生産工場などが、ミャンマー投資委員会の許可で、開設可能となったのです。
ミャンマー投資委員会の許可により、シンガポールでも、IBTC社と合同で、メルセデスベンツをオープンする予定です。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ