2013/6/26

ミャンマー投資の新外国投資法  マネーと投資の情報

テインセイン大統領は、1988年に制定された外国投資法の改正に踏み切り、ミャンマー投資の新外国投資法を公布したのです。
MICの裁量に委ねられた部分が増えるなど、外資導入に慎重な面もミャンマー投資の新外国投資法には見られます。
2012年11月にようやく成立したのがミャンマー投資の新外国投資法であり、苦難の末に誕生しました。
ミャンマー投資が今一番人気で、それは豊富な若年労働力と、天然資源を持っているからです。

ミャンマー投資の新外国投資法で象徴的なのは、最低資本金に関する規制で、一時は最低資本金額が500万米ドルという案もありました。
しかし、最終的には大統領の強い意向で、ミャンマー投資の新外国投資法において、それは削除されています。
外資に対する優遇措置が拡大された中、ミャンマー投資委員会が、ミャンマー投資の新外国投資法に踏み切りました。ミャンマー投資は、日系企業をはじめ、世界各国が今非常に注目を集めていて、多くの投資家がその動向を見守っています。
ミャンマー投資の新外国投資法の施行細則は、2013年1月31日に国家計画経済開発省から公表されました。
まさに難産の末に成立したのが、ミャンマー投資の新外国投資法であり、施行細則については、詳細が発表されています。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ