2013/6/29

ミャンマー投資のリスク  マネーと投資の情報

世界的なコンサルティング会社も、ミャンマー投資のリスクについては心配するところが多く、注意を呼び掛けています。
特にシンガポール在住の著名な投資家は、ミャンマー投資は非常に魅力的であるとして評価しています。
将来のミャンマー国内のインフレと為替変動で、ミャンマー投資の利益を円に両替する際、目減りするリスクがあります。
まず、ミャンマー投資のリスクで考えられるものに、カントリーリスクがあり、これには注意する必要があります。

ミャンマー投資の為替リスクは、予想が難しいところですが、10年後くらいには、為替損失で為替利益となる可能性が大きいと言われています。
石油、天然ガス、木材、宝石などの資源や教育レベル高い6千万人の人口と広大な国土がミャンマー投資の人気を押し上げています。
インフレについてのリスクは、ミャンマー投資の場合、インフレに比較的強いので、それほど心配する必要はないかもしれません。
このデータは、インフラの整備を危惧していて、そのことがミャンマー投資のリスクを招くと指摘しています。
民主化以降、多くの投資家がミャンマー投資に注目していて、世界がその動向を推察しています。
農業、エネルギー、鉱業だけではミャンマー投資は期待できないことを示していて、インフラ整備がないとリスクは避けられません。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ