2013/6/30

ミャンマー投資の展望  マネーと投資の情報

ミャンマーの軍事政権による民主化抑圧に対する日米欧の経済制裁がミャンマー投資に影響をもたらしているものとされています。
東アジアに唯一残されたフロンティアがミャンマーですが、現時点でのミャンマー投資はまだ少ない状況です。

ミャンマー投資の展望は、決して悪いものではなく、今後のインフラ整備によっては、期待感はあります。
ミャンマーは、制裁により、経済成長を遂げる発展の機会を逸しましたが、最近のミャンマー投資熱により、盛り上がりを見せています。
実際、ミャンマーからの対日アパレル輸出が近年急増していて、ミャンマー投資と連動して好調です。
1988年の市場経済復帰後は、国際社会からの経済制裁を受けたのですが、ミャンマー投資の展望は暗いものではありません。

ミャンマー投資は、劣悪なインフラを改善し、輸出環境を整えるなど整備すれば、大きな展望が見込めます。
また、インド洋への出口の確保に中国のミャンマー投資の狙いがあり、今後の展望を託したものです。
中国のミャンマー投資の狙いは、自国の経済発展に必要なエネルギーと各種資源の確保のためです。
貿易や投資活動の障害になっていることが、ミャンマー投資を遅らせている原因になっているのです。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ