2012/12/22

源泉徴収とは  マネーと投資の情報

源泉徴収とは、サラリーマンにとっては欠かせないもので、ほとんどの人にとっておなじみのものです。
そして、源泉徴収と言えば、給料だけでなく、利子や配当などにも必要なものなので、生活に密着しています。
また、源泉徴収というし、弁護士や税理士などに対する報酬についてもしっかり対象となるので、日々の生活に深い関係があります。
つまり、特例の源泉徴収納付期間を利用すれば、資金繰りを楽にできるというメリットがあるわけです。
会社は支払いがあった翌月、徴収した所得税を国に納付しているわけで、源泉徴収は、いわば、税金の徴収代行を会社が肩代わりしていることになります。
税金は国が直接徴収することになっていますが、源泉徴収に関しては、義務者制度が設けられています。

源泉徴収は、事業者が給与、退職金、報酬を支払う際に、所得税を徴収し、翌月10日までに納付するということが義務付けられています。
ただ、給与の支払いを受ける者が常時10人未満のところは、源泉徴収に関して、少し規定が変わります。
所得の支払者が、給与支払時に所定の所得税を徴収し、国に納付するのが源泉徴収なのです。
従業員から預かったものが源泉徴収になるので、納付期限の間、運用は経営者の自由ということになります。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ