2014/3/1

上海の金先物取引相場  マネーと投資の情報

金先物取引相場においては2008年1月9日、中国初上海にて上場しました。

金先物取引相場上海では、銅、アルミニウム、亜鉛に続いて金属先物上場になります。
現物の金先物取引相場のリスクを軽減するため、投資家たちや生産者に提供できることを実現可能にしました。
上海金先物取引相場は非常に幸先よくスタートを切ったと言えるでしょう。
金先物取引相場上海は、金が上海先物取引所で上場されていねから非常に好調です。
そして、投資用としての金需要が、上海金先物取引相場と並行してこれから益々拡大して増えてくる可能性があるでしょう。

金先物取引相場は、中国は元々、インドと並び、金の需要が高いので当初から期待されました。
まだ、金先物取引相場の市場自体は小さいので、投機マネーの流入が金先物取引相場の動きに大きな影響を与えると予想されています。
取引単位は1kgなのですが、金先物取引相場では、中国元建てによって取引されています。
そうした意味で金先物取引相場市場の基本的な条件は整っていると評価されています。
上海金先物取引相場では、現物市場を抑制する効果が高いとされています。
東京工業品取引所の金先物取引相場の金も1キロ単位となっています。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ