2014/4/21

個人融資の保証制度  マネーと投資の情報

経営者を縛りつけ、心理的プレッシャーを与える個人融資保証は手放しでは賛成できません。
しかし経営者の中には絶対に個人融資保証を入れたくないと言う人もいます。
しかし実務上個人融資は話しが複雑で、会社は色々な銀行と取引しています。
ある程度個人融資保証は定型化しなければ、申込者に迷惑をかけることになるでしょう。
借り手に心理的プレッシャーを与えられるのが、個人融資保証をとることでできます。
こうした個人融資の規定に不服を唱える経営者と人はほんどいないのが現実です。
代表者個人融資保証という制度がなくなれば、お金を簡単に借入できなくなるでしょう。
掛金や在庫を担保にとって銀行の安全が確実ならば個人融資保証は入れない意見もあります。
それだけ貸す方にとっては、個人融資保証は安心であるというわけです。
返す当てもないのに、銀行から個人融資保証でお金を借入しても意味がありません。
実務上、個人融資保証が問題になるのは、会社が倒産した時に指摘されることです。
基本的な側面から個人融資保証を考えれば、100%悪い制度ではありません。
最も兆と半端な気持でお金を借りようとしている人には個人融資保証は適当ではありません。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ