2014/4/27

ベンチャー起業の資金の調達  マネーと投資の情報

そして地方の中堅ゼネコンやマンションディベロッパーも次々と倒産しました。
資金の調達の問題は、建築士の耐震設計偽装問題で建築許可が厳しくなったことによる政策不況、サブプライムローン問題などによって益々悪化している状況です。
こうした経験をした中小企業の経営者は枚挙にいとまがないでしょう。

資金の調達では中小企業がさらに難しくなる傾向にあり、そうしたことから、ベンチャー企業などの起業資金はより厳しくなっています。
現実に資金の調達が出来ないままにいると、悲惨な状況が再びくるかもしれません。
金融庁も資金の調達を促進して貸し渋りがないように監督していますが、どこまでそれが功を奏すかは疑問で、果たしてどこまで防げるのかはわかりません。
アーバンコーポレイションは負債総額が2,500億円で、資金の調達した銀行が100行弱あったことから、これだけでも大きな影響があるでしょう。
アーバンコーポレイションも、短期資金回収で起きた資金の調達できなかったことによる資金繰り倒産であるという風に言われています。
要するに資金の調達できないだけで、赤字で倒産したのでは決してありません。短期資金を返済したら資金の調達できなくなって一発で倒産してしまいます。資金の調達は様々な企業で深刻な問題になっており、逼迫している状況です。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ