2012/12/24

源泉徴収の計算方法  マネーと投資の情報

また、最近では、パソコンの普及により、源泉徴収の計算のための市販ソフトもたくさん販売されています。
そうしたことから、源泉徴収の計算というのは、自ら確認しておく必要があり、これは国税庁で発表されています。
また、給与に関する源泉徴収の計算については、徴収税額は比較的簡単に求めることができるようになっています。
計算表は源泉徴収を計算するにあたって必須のもので、パートなどで徴収税額が発生する場合は、日額9300円を超えた時点からと決まっています。
先行的に支払う税金が源泉徴収なのですが、通常、この徴収税というのは、所得税を指し示します。

源泉徴収の計算については、パートの場合、日額報酬が9299円までについては、徴収税がかからないという計算になります。
計算の仕方は、その月の社会保険料を控除した後の給与の金額から、別表で算出した給与所得控除ので、源泉徴収を計算します。
国税庁から配布される徴収税額表を確認すれば、源泉徴収の計算の求め方がすぐにわかるようになっています。
支払い額に関する源泉徴収の計算を電子計算機などの機械で処理する際は、月額表の甲欄を適用します。
しかし、源泉徴収の計算は、慣れれば誰でもできるようになり、最初に計算の順序を覚えれば大丈夫です。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ