2014/6/2

相続の放棄の手続き方法  マネーと投資の情報

そして、3ヶ月以内に相続の放棄できない場合で、特段の事情があると認められた場合は、家庭裁判所に対して、期間延長を申し出ることができます。
この照会書に記された、質問事項に回答し、家庭裁判所に相続の放棄の紹介書を返送します。
そして、一旦、相続の放棄すれば、最初から相続人ではなかったことにみなされます。
もし、限定承認したい場合においては、相続の放棄をした者を除いて、残った相続人全員の承認で、することが可能です。

相続の放棄は、相続人が単独で行うことができるので、単純承認の場合とは異なります。
このように、相続の放棄では、特別な場合、3ヶ月の期間を延長することもできるのです。
もし相続人が、未成年者のケースでは、法定代理人が代理で、相続の放棄の申請をします。
まず、相続の放棄の手続きでは、家庭裁判所に置いてある、申述書が必要です。
また、被相続人の住民票の除票や、収入印紙、返信用の郵便切手、相続人の認印なども、
相続の放棄の手続きの際に必要であることを知っておかなくてはなりません。相続の放棄というのは、相続人自らが、相続人となったことを知った時から3ヶ月以内に申請することが必要です。
そして、特に問題がなければ、相続の放棄を受理した旨の証明書が、家庭裁判所から郵送されてくるのです。
これらの手続きにより、無事、相続の放棄が認められることになります。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ