2014/6/3

相続の放棄の期限  マネーと投資の情報

相続の放棄は、被相続人が死亡したことを知った時から、3ヶ月以内に、申述する必要があり、この期間は、マイナス財産を検討する時間の猶予なのです。
また、財産がほぼなく、借金などのマイナス財産が多い場合は、3ヶ月以内に相続の放棄をする必要があるので、注意が必要です。
亡くなった人の借金が多額な場合、どうしても不安な日々を送らなければならないので、そうした時に、相続の放棄は助かるのです。
要するに、亡くなった人が残した借金は、相続の放棄をすることで、解消できるのです。
相続の放棄をするには、一番注意すべきことは、忘れやすい期限があることなのです。
それは、ほとんどの人が誤解している相続の常識で、いつでも相続の放棄はできると信じて人も多いのです。
貯金などをそのままにしているので、相続の放棄の手続きをまだしなくても大丈夫と思っている人もいるのです。
事実、相続の放棄について、間違った考え方をしている人は少なくないのです。相続の放棄をするには、ちゃんと期限が設けられているので、それを守る必要があります。
相続の放棄の延期の申請は、家庭裁判所へ申請しなければなりません。
しかし、相続は、プラスもマイナスも、財産であれば、引き継がれるので、相続の放棄の必要性があるのです。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ