2014/6/6

相続の放棄と生命保険  マネーと投資の情報

そして、相続の放棄をした場合、疑問なのは、被相続人が加入していた生命保険金の受け取りもできなくなるかということです。
もちろん、保険契約の内容で、その結果が大きく変わるので、生命保険金の受取人が誰になっているかが、相続の放棄の前に重要になってきます。

相続の放棄をしても、相続人が保険金受取人になっていれば、生命保険は受け取れます。
そのことから、相続の放棄をした場合は、最初から相続人にならないことになり、結果として、生命保険金の受け取りもできなくなります。
そして、相続人自体が受取人になっている場合、相続の放棄の対象からは除外され、生命保険契約の効果が優先して、その生命保険金は受け取れます。
この場合、被相続人の債務の全てを相続の放棄をしていても、生命保険金は、受け取ることができるのです。
相続の放棄をした場合、生命保険に関しては、受取人が被相続人の時は、それがそのまま被相続人の財産になって、受け取ることができないのです。

相続の放棄をしても、生命保険金は受け取ることができるのです。
また、特定の受取人かなく、ただ相続人になったような場合、相続人の中で、相続の放棄をした人がいるケースでも大丈夫で、保険金は受け取れるのです。
もちろん、これが適用されるのは相続の放棄をした人だけになるので、注意が必要です。
生命保険は、このように、受取人さえ指定していれば、相続の放棄をした時でも。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ