2014/6/8

相続の放棄の取り消し方法  マネーと投資の情報

これは、相続の放棄申述書についても、家庭裁判所に対する意思表示なので、そこでの経緯に、詐欺や強迫がある場合は、取り消すことができるのです。
相続の放棄は、家庭裁判所で手続きするので、基本的に、その効力が生じると、撤回したり取消したりすることはできないのが原則です。

相続の放棄の申述が受理された場合、それ以後、その効力が生じた時は、取り下げはできません。
その具体的な方法としては、まず、家庭裁判所に相続の放棄の取消の申述書を提出することになります。
それは、こうしたケースで相続の放棄の取り消しを認めると、他の相続人や債権者に迷惑をかけることになるからです。
それは、家庭裁判所の中の裁判官の方針によっても異なる場合があり、相続の放棄に対して、詐欺などの違法性が実際にあったかが審議されます。

相続の放棄の申述の時に、本当に、詐欺や強迫があったかどうかの証拠が必要になり、家庭裁判所に出頭して説明する必要も出てきたりします。
実は、詐欺、強迫などにより、相続の放棄がなされた場合は、取り消しができるのです。
このケースでは、迅速に、家庭裁判所に相続の放棄を取り下げることを連絡する必要があります。相続の放棄は、果たして一旦成立したものを取り消すことができるのでしょうか。
とにかく、相続の放棄の際は、相続財産の調査をしっかりと行うことが肝心です。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ