2015/2/1

JNB-FXの発注方法  マネーと投資の情報

JNB-FXでは、基本編から応用編まで7つの発注方法が用意されていて、色々な発注をすることができます。
個別決済というものもあり、このJNB-FXの発注方法は、ストリーミング、成行、指値・逆指値、OCOから選択できるようになっています。
相場の変動が激しい場合、このJNB-FXの発注方法は、注文が入りにくいことがよくあります。

JNB-FXの発注方法には色々な手段がありますが、OCO注文では、2つの注文を同時に発注して、1つが約定するともう1つは自動的に取り消されます。
IFD注文というJNB-FXの発注方法があり、これは、新規注文と、その注文が約定した場合にできる決済注文を同時に発注するという発注方法になります。
JNB-FXの発注方法には、 IFDOCO注文というものがあり、これは、新規注文が約定した後、2つの決済注文が自動的にセットされるというものです。


JNB-FXの発注方法で、 IFDOCO注文の場合は、新規注文が約定した後の利益確定と損切りを想定した取引ができます。
この JNB-FXの発注方法は、OCO注文と同じく、片方が約定すると一方は自動的に取り消されます。
あらかじめ指定した価格で新規注文と決済注文できるというのが、このJNB-FXの発注方法の特徴で、利益や損失を確定することができるメリットがあります。
新規注文では、このJNB-FXの発注方法の場合、買と売の2つを同時に発注することができます。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ