2015/2/15

源泉徴収の計算方法  マネーと投資の情報

つまり、源泉徴収というのは、支払う側が税金の納付を代行するという制度なのです。
この辺の源泉徴収の計算に関しては、パートやアルバイトをしている人は、是非、認識しておくべきでしょう。
つまり、源泉徴収の計算については、税額表に基づいてしっかりと金額を計算する仕組みになっています。
先行的に支払う税金が源泉徴収なのですが、通常、この徴収税というのは、所得税を指し示します。

源泉徴収の計算については、パートの場合、日額報酬が9299円までについては、徴収税がかからないという計算になります。
ただこの場合、源泉徴収の計算は手計算になるので、やや面倒ですが、ソフトを利用すれば、複雑な計算がすぐにできます。
また、最近では、パソコンの普及により、源泉徴収の計算のための市販ソフトもたくさん販売されています。
源泉徴収で天引きされて支払った天引き分については、支払う側が納付するという形になっています。

源泉徴収の計算については、給与所得に対する徴収税額については、給与所得の徴収税額表で求められるようになっています。
計算表は源泉徴収を計算するにあたって必須のもので、パートなどで徴収税額が発生する場合は、日額9300円を超えた時点からと決まっています。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ