2015/2/16

源泉徴収の見方  マネーと投資の情報

源泉徴収というのは、この言葉を聞くだけで難しいと感じるので、見方について詳しく知っている人は少ないかもしれません。
給与の支払を受けている大半の人は源泉徴収されているので、やはり見方は知っておくべきかもしれません。
その場合の源泉徴収の見方としては、例えば年収500万円の人なら、必要経費は154万円になります。
会社から配られる明細書を見るだけでは、源泉徴収の見方はわからないので、自ら勉強する必要があります。
源泉徴収税額については、給与所得控除後の金額から所得控除の額の合計額を引いた額になります。

源泉徴収の見方で注意しなければならないのは、各年度で変更点があるところです。
これが赤字になっている人は、本人の控除額の記載がないので、源泉徴収の見方では注意が必要です。
具体的な源泉徴収の見方ですが、まず、支払金額というのは、実際の手取額のことを指すのではなく、基本給や諸手当を含んだものです。
所得税については、よく年末調整での変更ポイントがあるので、源泉徴収の見方はとても大事です。
年末調整という形でよく知られていますが、これこそが、毎月の給与で徴収される源泉徴収額を、年間収入と諸控除で調整した額なのです。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ