2015/2/17

源泉徴収と所得税  マネーと投資の情報

この場合の源泉徴収は、税率が20%で、その内訳は所得税が15%で住民税が5%になります。
例えば、源泉徴収は所得税に対してだけでなく、預貯金につく利子についてもかかってきます。
給与などの所得が支払われる前に、所得税を差し引いて納付するというのが、源泉徴収というシステムです。

源泉徴収は、所得税だけでなく、公的年金からもひかれているので、しっかり国に税金が納められていることになります。
原稿料や講演料、弁護士や税理士に対する報酬なども、源泉徴収として引かれています。
所得を支払う会社側は、翌月には徴収した所得税を国に納付することで、源泉徴収の制度は成りたっています。

源泉徴収というのは、徴収した所得税を会社が従業員に代わって国に納付する代行制度です。
国税局から出されている源泉徴収税額表によって、それぞれが収める税金が決定します。
給料に関する源泉徴収については、会社が給与を支払う際、所定の所得税を差し引くことで対処しています。
ちなみに、給与の場合、支払われる給与金額と扶養親族数によって源泉徴収の税額が決定されます。
品物に関しては、大体、販売価額の60%相当額が源泉徴収になるようですが、但しそれは50万円以上の物に限られています。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ