2015/2/18

源泉徴収の書き方  マネーと投資の情報

源泉徴収の書き方としては、徴収税額のない者の分も含めて、支給金額を記載しなければなりません。
しかし、源泉徴収の用紙については、退職者用のものではなく、一般的なほうの用紙を使用しなければなりません。

源泉徴収の書き方をマスターしておけば、過払い分が多く還ってくる可能性があるので、書き方は、面倒がらずに習得しておくべきです。
意外と源泉徴収の書き方については、苦手な人が多いようで、そうした人は、国税庁のHPを覗いてみるといいでしょう。
正式な源泉徴収の書き方を確認することは非常に大事なことで、昨年と変わっていることもあるので、注意しなければなりません。
正確な源泉徴収の書き方を覚えておくと便利で、そのことが節税につながります。
ちなみに平成24年に締結した保険契約で制度改正されているので、源泉徴収の書き方を見直しておきましょう。
生命保険料控除制度の改正などがあると、源泉徴収の書き方は変わってくるので、チェックが必要です。
退職者への源泉徴収については、年末調整をしなくても、年度の途中でもよいことになっています。

源泉徴収には、納期特例があり、この承認を受けている義務者は、納期限変更をすることができます。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ