うま過ぎる広告

2012/1/6 | 投稿者: みー

クレジットカードの現金化でうま過ぎる広告といえば、
高い還元率になると思いますが、
悪徳業者や詐欺師が宣伝している還元率は異様に高く設定されています。

これは、返済方法など一定の条件をクリアすれば正解ですが、
そうでない場合もあります。

最近は現金化業者も真面目な業者が増えてきて、
業界の健全化も進んできましたので、
よほど怪しい広告の現金化業者に手を出さない限り、
騙される事はないと思いますが、
現金化というのは個人情報を他人に開示する事でもありますので、
念のために現金化業者の素性を確かめる為に、
最初の手続きは店舗へ来店して行う事をオススメします。

クレジットカード現金化業者と初めての取引をする場合は、
必ず業者の経営する実店舗へ実際に来店して手続きをする事をオススメします。

その範囲内での違いは業者の企業努力の結果です。

こうした現金化業者のやり方は、
古物の売買という事になり商取引上の違法性は全く無いのですが、
始めから換金を目的で商品をカード決済で買うので、
クレジットカードの利用規約に抵触する可能性がある事から、
「クレジットカードの現金化はグレーゾーンだ」
といわれるわけです。

クレジットカードの現金化のメリットと言えば、
一般の消費者金融からキャッシングが出来ない人でもキャッシングが可能な事の他にも現金化出来るまでのスピードが早いという点があります。

とはいえ、大抵の現金化業者は、
初めて申し込んでも即日入金が可能なところが多いのですが、
ここに現金化業者とは無関係な問題があります。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ