*** あらゆる企業業務で必要とされるSEマインド ***
  学生様を対象とした『SE塾』を開催 2009年3月
  

2009/9/11

今すぐできるSEアプローチ:インタビュー編(7)  

 システムアプローチに於けるインタビューのトリガーは、「どうしたい?」と云うことよりも、「問題、課題」の認識を入り口にするのが判り易いと感じる。 何故ならば、こうなれば良いと言うことについては通常漠然とイメージしているものであるが、不都合なことや、おかしいと感じることは、具体的に意識していることが多い。 また、不都合なことが解消された場合、良くなったと言うことが強く印象に残る筈である。
   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ と云う開設を、以前に記した。

 この様な意味から、顧客へのシステムアプローチに於いて、業務分野を絞った上で、
   ・当該業務の概要(業務機能)の把握
   ・認識しておられる『問題点』の抽出
というアプローチを行うのが、比較的たやすい。 前述の様に、顧客の「在庫管理業務」を例に採り、問題点抽出のインタビュー例を解説したい。

 − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − −

           ≪ 準備すべきインタビュー内容 ≫

1.紳士ズボン縫製卸における在庫管理業務概要の把握
  @ 在庫管理対象品目 (原材料素材、半製品、製品、商品、その他)
    ・原材料素材品目 (布地反物、縫製糸、ボタン、フック、ジッパーなど)
    ・半製品品目 (裁断直後、縫製途中などどの工程で在庫が発生するかの認識)
         ※半製品は、在庫管理対象とは限らない
    ・製品品目 (製品種類)
    ・商品品目 
    ・その他品目
  A 各品目についての在庫管理単位

2.在庫管理業務における改善すべき問題点の把握
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ