2020/5/31

リアーブレーキホース交換  メンテナンス

読者の皆さん。お元気ですか?。

ひょっとしてコロナ自粛であまり元気が無いのでしょうか?。

自分はコロナでなくてバイクの修理があって乗れない状態がしばらく続いてました。

ただ自分は金欠のため部品をすぐには購入出来る状態では無いです。

そのためバイクの修理がどうしても遅くなってしまいます。

給料が入り月末にようやく部品が手に入りました。

下の画像。ブレーキホース他の部品がようやく入りました。

クリックすると元のサイズで表示します




さあ!これよりブレーキホースの交換を行います。

クリックすると元のサイズで表示します




劣化したブレーキホースを取り外したところです。ペーパータオルでブレーキフルードを吸いとっています。

クリックすると元のサイズで表示します




まずは新品のブレーキホースの前側。リアーブレーキマスターの接続部分を組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します




ついでリアーブレーキキャリパーにも接続部分を組み込みます。

クリックすると元のサイズで表示します




ブレーキホースの接続が完了したらお次はリザーブにブレーキフルードを注入し、ペダルを踏みつつブレーキフルードをリアーデイスクに送り込みエアー抜き作業をします。

クリックすると元のサイズで表示します




リアーブレーキホースの交換とエアー抜き作業を終えたら、お次はブレーキペダルの踏みしろの調整をします。

クリックすると元のサイズで表示します




リアー周りの作業を終えたところです。スッキリとしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します




今回の作業は5月の末ですので林道走行は6月になります。しかし6月は梅雨の時期に入りますので天気の良い時期を選んで行かねばなりません。

っと言うことで5月末のバイクメンテナンスのレポおわり。

1
タグ: ジムニー TT250R



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ