2020/6/13

ジムニーdeキャンプ(のち林道ドライブ)  ジム二ー号出動!

前略。読者の皆さん。とうとう梅雨入りしましたね。ちなみに自分は腰痛(もしかして坐骨神経痛?)のため自宅でゆっくりと過ごしております。

日頃の疲れが蓄積しておりましたので良く寝れました(って言うか寝すぎ・笑)。

大雨警報が出てるため外出は控えて自宅でブログを書くことにしてます。

さてと本題に入ります。6月6日と7日に某所でキャンプすることにします。

2017年以来の3年ぶりのキャンプです(って言うよりか野宿みたいなものですが・笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




目的地に着いたら設営の開始です。まずは最近購入したタープを張ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




タープを張って中へ入ってみると日除けになるし雨除けになるし、即席のバイク置き場にもなりますね。それかテーブルでも置いて仲間とワイワイ楽しむスペースにもなりますね。

クリックすると元のサイズで表示します




タープの横にテントを張ります。(自衛隊用語では“幕舎「ばくしゃ」と言う)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




ところで気になるのがテントのアウターシートとインナースペースとの下の画像にある隙間。

多分アウターシートが縮んだのだろうと思うが隙間風が吹き込みそうです。夏季限定使用ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します




さてと年季の入った焚火台を登場させます。

クリックすると元のサイズで表示します




今夜の宴の準備が出来たし早速缶チューハイで乾杯です。

クリックすると元のサイズで表示します




そして火入れ式です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




炭火状態になったとこで焼き肉です(っと言っても鶏肉です)。

クリックすると元のサイズで表示します




食後は焚火をボーボー燃やして楽しみます。一杯やりながらね♪。

クリックすると元のサイズで表示します




そろそろ寝ようかとテントに入り寝酒でも飲んでたところUさんからラインが来た。

こんな山奥でよく電波が届くものです。んで内容を見たら翌日に林道ツーリングに行きませんか?との事です。

自分ジムニーでキャンプに行ってるのでジムニーでの参加でよろしいですか?っと返事しました。

ジムニーでも大丈夫な所選んでゆきますよとの事ですので参加する返事をしておき寝ました。

下の画像。翌朝の情景です。

クリックすると元のサイズで表示します




タープとテント他を撤収し一夜城は跡形もなく消えてます。これより待ち合わせ場所へ出立です。

クリックすると元のサイズで表示します




待ち合わせ場所へ来たら暫くUさんと世間話です。何でもセローを購入したとの事。

暫くしてから林道へ向けて出発です。まずは旧出雲街道を通りそこから以前案内してもらったルートを行きます。

下の画像。ルートチェックする案内役のUさんです。

クリックすると元のサイズで表示します




何本目だったかなそろそろヤブいルートに案内されてます(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




美郷町から三瓶方面へ抜ける林道ルートを行きますが、途中から木の枝にジムニーのボデイーが叩かれる引っかかれる。もう堪忍して〜(-_-;)。

クリックすると元のサイズで表示します




林道の途中展望が開けてる場所です。

クリックすると元のサイズで表示します




林道を出た後の県道の途中にある展望所で休憩です。ここからの三瓶山の景色がきれいです。

この日は黄砂による空気の澱みが無く透き通るような見晴らしでした。

クリックすると元のサイズで表示します




そして三瓶から出雲市多伎町へ抜ける林道を通りますが、下の画像の笹藪にまたしてもジムニーのボデイーが引っかかれます(-_-;)

クリックすると元のサイズで表示します




多伎町に出たら一路Uさんのバイクを格納してる場所へ移動です。結構長い距離を走りましたかね。

到着したらUさんより中華インカムを頂きます。有難く使わせて頂きます。

それにしても久しぶりにジムニーで林道を何本も走ると疲れます。何年振りでしたかな?。

以前は雨降りの日はジムニーで林道探索するほど元気があったのだが、今は歳のせいかさっぱり行かないな(-。-)。

6月13日と14日の現在は天気が雨ですので体を休めておきます。

んでブログ書く時間につかいますね。

以上!ジムニーdeキャンプと林道ドライブのレポおわり。




1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ