心霊怪怪疎にして漏らさず

心霊・特殊世界の正しい情報を発信しています

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごんた
>NM
こんばんはNMさん。
アーユルヴェーダの時間帯を拝読しました。
時間帯や季節による意味というか、使い方があったのですね。
おいらは理論的にそう思った次第で、霊能力も霊感も無いのですが、理論的な事と、何となく丑三つ時は神仏様と通じやすいのでは無いかと思った次第です。
凡人が神仏様に願いを聞いて頂くには、夜更かしが必要なのかも知れませんね。
投稿者:NM
ごんた様 こんばんは。
直感的に書かれたのだと思いますが、凄いですね。読んですぐに「アーユルヴェーダ」における時間帯を思い出しました。

インドの学問なので日本とは気候的にズレがあるかもしれませんが、午前2時から6時は、ごんた様が考えられているのと似ています。神聖な時間帯です。

わかりやすい例として「PYRAMID YOGA」というサイトの「アーユルヴェーダの時間帯」という記事をご覧になってください

私は喘息がかなり重症だった時期がありました。今はほとんど発作も起きませんが、午前2時頃になると空気が変わるのを感じました。その頃に発作が起きやすかったのです。

原因を自分で調べていくうちにアーユルヴェーダにたどり着き、時間帯と気象の変化と人体が関係しているのを知りました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ