心霊怪怪疎にして漏らさず

心霊・特殊世界の正しい情報を発信しています

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごんた
>H.K
こんにちは、H.Kさん。

人はこの世に生を受けた事には何かしらの役割があるのだそうです。
その役割は人によって異なります。
社会に大きな影響を及ぼす人も居れば、
小さくてひっそりしている事もあります。

でも、
それぞれ世の中に必要な役目で、
皆役目を負っているのだそうです。
それは亡くなられたお子さんもH.Kさんも同じです。
そしてその役目を果たす為にこの世に生を受け、
その役目を終えた時に、
天からお迎えが来るのだそうです。
きっとH.Kさんにはまだやるべき事があるのだと思います。

以前ブログにも書きましたが、
この世に残された者は、
先に逝った人達に対して、
顔向けできないような生き方はしてはいけないと思うのです。
この世に生を受けている以上、
天からお迎えが来るまで、
精一杯生きなければ、
先に逝った方々に顔向けができません。

白藤先生が日ごろおっしゃっていますが、
「世知辛い世の中、
 人はひとりであって、決してひとりでは無い。
 だから、
 お互いに手に手を取って助け合いながら
 励まし合いながら生きて行こう。」
と。

今回当ブログにH.Kさんの目が留まったのは、
何かの縁なのかも知れません。
生きていて辛くて苦しいのはH.Kさんだけではありません。
皆、大なり小なり問題を抱えて生きています。
先に逝った方々に恥ずかしくない様に、
精一杯生きて行きましょう。
今は自分の役目が何なのか分かりませんが、
いつかその意味が解る時が来ると思っています。

最後になりましたが、
亡くなられたお子さんのご冥福をお祈りいたします。
投稿者:H.K
ごんた様、わざわざご返信下さり、ありがとうございました。

いえ、とんでもないです。
書き込んだ後に自分で言うのも恐縮ですが、お忙しい時期に図々しい書き込みをしたという自覚があった為、お返事を頂けたのは望外の喜びでした。
このような不躾な脅迫のごとき書き込みに丁寧にご返信下さり、ありがとうございます。

1億3千万人の人口の内、数人のみ持つ能力…。
そうですよね。
それだけ、特別な能力なのだと思います。
その能力や、能力を見抜く力がないのなら、この痛みは、一生抱えて生きるべきだと、取り返しのつかないことはあるのだと、この歳になって理解しました。
今でも、悪夢の中にいるようで、何故早く死なないのかと己の頑丈な体を憎む日々ですが、耐える勇気を育てていきたいと思います。
心弱い身でどこまで自己を保てるか自信はないですが、最後まで戦い抜いたあの子に恥じぬよう、生きなければいけないと思います。
願わくば、最期に、あの子に会って謝れる瞬間があればと、切実に願います。

ありがとうございました。
投稿者:ごんた
>もも
こんにちは、ももさん。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

たとえ嫌でもやらなければならない事がありますが、
この度の件ではそれとは全然違って、
何とも上手く言えないのですが、
取り組もうとしても、
どうにも嫌なのですよ。
関わりたくないという感覚が、
心の奥底から湧き出て来る様な、
生理的に拒絶反応を起こして、
決して触れてはいけない物の様な、
そんな感じがしたのでした。

今思い返してみれば、
そういう事を感じるには、
心をピュアにしていないと分からないのだなと言う事です。

判断に迷う事がありますが、
この度の件では明確に「嫌だ」と言う感覚がありました。
今振り返っても不思議な出来事でした。
投稿者:ごんた
>H.K
こんにちは、HKさん。
結論から申し上げると、
残念ながら真の力を授かったいわゆる霊能者は、ほぼ居ないと思った方が良いです。

どうすれば真の力を授かった霊能者と出会えるかとの事ですが、
残念ながら、ほぼ不可能です。
詳しくは書けなくて申し訳ないのですが、
日本には1億3千万人の人口がありますが、その中で、真の力を授かった方と言うのは、
ほんの数人しか居ないとの事です。

おいらは霊能者でも聖人でもありませんから、
H.Kさんに「こうすれば良い。」と言う事はできません。
でもひとつだけ言える事は、
みんな其れなりに「何かを抱えている。と言う事です。
そしてそれを抱えながら生きていると言う事です。
すみません、おいらには、
そんな事しか言えません。

力になれず申し訳ありません。

投稿者:もも
ごんたさん

遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。

御神仏様の御守護、御加護をいただいたのですね。

気が進まないという自分の気持ちを大切にするのは大切なんですね。

私も先日から、地区の任意団体の役員勧誘がしつこくて困っていました。何の義務や強制力の無いものなのと、入会したら辞められなくて、人集めで苦労しデメリットしかないので、丁重にお断りしているところです。

今年もごんたさんにとって良い年でありますように。
投稿者:H.K
初めまして。
H.Kと申します。

ネットで本物の霊能者の方の情報を探している中、こちらのブログを見つけ、書き込ませていただきました。
大変興味深い内容で、白藤先生のサイトと共に拝見しております。
中でも、偽物霊能者の見分け方は大変分かりやすくまとめられており、勉強になりました。

先日、亡くなってしまった命についてどうしても知りたいことがあり、本物の霊能者を探しているのですが、最初は「前情報なしで当てる」と仰っている方でも、実際はコールドリーディングばかりで、絶望しております。
それならば席を立てばいいのかもしれませんが、もう鑑定が開始している状態で判明する為、その時に帰ってしまえば、飲食店で例えるなら「食い逃げ」のような状態になる為、内心落胆しつつもお芝居にお付き合いして話は終了となります。

本当は、厚かましくも白藤先生に視ていただきたいのですが、ネットでは受け付けられていないとのことである為、ネットで探し続けております。
しかし、ネットはもうあらかた探しつくし、その中でも僅かに霊視できる可能性のある方に依頼しても偽物といった状態で、頭がおかしくなりそうです。
本物のあの子の気持ちを知りたい、それなのに叶わない気持ちは、後悔や苦しみという言葉では生ぬるいほどです。

本物の霊能者の方を探すには、ネット以外だとどちらが最適でしょうか?
本物の霊能者の方をご紹介して頂くには、どうすればよろしいでしょうか?
恐れ入りますが、ご教示して頂けますと幸いです。
掲示板では難しいのでしたら、後程メールアドレスを明記致します。

いきなり図々しい書き込みをしてしまい、申し訳ございません。
けれども、あの子恋しさに理性を保ち続ける自信がなく、誠に勝手ながら書き込ませて頂きました。
何卒よろしくお願いいたします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ