2015/1/25  15:13

1/24 剣道形大会出場  たけこっこの部屋

1/24(土)昨日は「第10回東京都剣道形大会」があり出場しました。

去年は、とも・ひだコンビで四、五段の部三位になったので、私では申し訳なかったのですが、ずうずしくも参加させていただきました。お相手は秋の大会で形を打ったてづかさん。
実は第1回大会に谷さんと出場したことがある。その時は初めてで剣道形は1本目から順番でやるものと思い、会場で1.3.4.6.7本と言われ、つい1本目の後2本目をやってしまい、負けてしまった。
今回はそれだけはやらないよう稽古をした。この1カ月、日体大に行き岡田先生の指導を受けること2回、馬橋に行って稽古すること2回。ビデオで撮って修正し、大会に臨んだ。

今年は、三段以下の部21組、四・五段の部24組、六・七段の部25組が参加。
対戦相手は、板橋区の20,30代男子二人。
私たちはあがることなく、堂々と稽古の成果を出せたと思う。が、板橋区に3本の旗が挙がった。
板橋区の方は、打つ時はしっかり早く、緩急・強弱が出来ていて背中がピシーと決まっていて、3位入賞した。
1回戦で敗退したが、順番を間違えないで10年前のリベンジができ、一生懸命稽古をやってきて本番でもよくできたと思うので悔しさはない。
杉並区は各部とも1回戦負けでした。

各部とも警視庁が優勝。毎年ながらすごい。
ビックリしたのは、四・五段の決勝戦。
警視庁と西東京で西東京が迫力があり七本目までは西東京かと思えるほどの出来だった。
だが西東京は最後緊張したのだろうか、小太刀一本目はすり上げることが出来なく、小太刀三本目も胴にきたのをすり流したが、小太刀は大太刀の下にいってしまった。ああ完全に終わりだ。と思ったら副審の旗が一本西東京に上がった。なんと主審にはばっちり見えても裏の副審には体に隠れて見えないのだ。もう一人の副審は警視庁に挙げたので2:1で警視庁の優勝だったが、副審二人が失敗が見えなくて反対になっていたらと思うとこわい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
六・七段決勝の部。手前警視庁が優勝。

剣道形大会に参加して大変勉強できたので良かったねと、てづかさんと帰り上手いビールが飲めた。
応援に来てくださったやすし先生、ありがとうございました。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ