2019/3/10  17:51

3月10日の稽古 ー1年間の稽古の成果をー  活動報告

花粉症の方達には申し訳ありませんが)
爽やかな“春の陽射しと空気”を感じながら、
8:45分荻体に到着。

“おはようございます!”
すでにETOU君母子が、道場前で待っていました。


3月は、卒業式の関係で杉七小の体育館が使えなくなり、
4回目の荻体武道場での稽古日です。クリックすると元のサイズで表示します

今日は、子供達の“級審査”を兼ねるので、
大勢の子供たちが集まってくれました。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


全員そろって
準備体操と基本素振りの後、

中学生以上一般は、
USAMI先生のご指導で、

竹刀捌きの教えからクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

面付基本稽古に入りますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


小学生達は、“級審査”
KODANNJI会長の仕切りで、

審査員:4名
MIDORI先生、SUGAWARA先生、YASUSI先生、SHIMO先生

元立ち:私とOHOI先生の2名で

初級は、
“体固め三挙動、前進後退面、早素振り”と
“打込み(面往復、小手面往復のみ)”を、

中・上級は、
“前進後退面、早素振りの後、打ち込み”を行いました。

いつになく“真剣な面差し”の子供達

(私は元立ちのため写真アップできません)
(付添いのお母さん方が、しっかり撮影してくれてますから、それぞれ家で確認してください)

審査が終わって、

審査員の先生からの講評がありました。クリックすると元のサイズで表示します

MIDORI先生:
“いつもに増して、皆よくできました。
今日の気持ちを忘れずに、いつもの稽古に活かして下さい。”

SUGAWARA先生:
“次に何をしなければならないかをいつも考える稽古をしてないと、
(今日の審査のような)いざという時に上手くできません。
今日、あそこを失敗したなと思うひとも、次から頭で良く考える
稽古を心掛けて下さい。
全体的にはとっても良く出来ました。”

YASUSHI先生:
“日頃から頑張って、真剣に稽古に取り組んでいるひとほど、
その成果がとても良く表れていました。
やはり稽古はうそをつきません。
稽古はやればやるほど上手になれます。
ただ、今日は、少し「声」があまり出ていなかったひとも
何人かおりました。
「やるぞ」という気持ちを「声」を出す事であらわすように
次からの稽古に活かして下さい。”

SHIMO先生:
“いつもの稽古のときの皆は本物。
でも今日はみんなはニセモノじゃないか?
上手すぎる。
普段の稽古とちがうぞ。
上手すぎだ! 実は本物は家で寝ているんじゃないか?
家に帰って本物をつれてこなければだめだよ。
(みんなとっても)良かった! 以上。”

その後、審査員の先生が、結果を話し合っています。
クリックすると元のサイズで表示します

心配しなくても
先生方は、けっして、皆に“×”をつけることはありませんよ。

間違いなく、みんな頑張って、進歩しているのですから。

きっとみんなが笑顔になれる結果がまってます。

また次の稽古から頑張りましょう。


おしまい
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ