みなさま  

皆様ようこそ。個人通販をはじめました。

2018年に河野多香子第一歌集『古今さらさら』不識書院刊(2700円+税)を上梓いたしました。東販、日版が注文出荷なのでISBN987-4-86151-161-5。大阪「葉ね文庫」さんにも置いていただきました。
ただいま、個人通販をいたしております。特別価格にて販売いたしますので、下記メールへお問い合わせください。案内メールを差し上げます。
お問い合わせ(mail) tanuko☆mbx.kokage.cc(☆を@マークに替えてください) よろしくお願いいたします。   河野多香子

なお拍手コメント欄は表に出ません。このブログをスマホで見て拡大出来ない方は、下の方にある〔PC.VEW〕というボタンを押してください。PC用のページが見られます。
64

2020/11/27

今年の湯島菊花祭  

11月8日(日)に湯島の菊花展に行ってきました。例年のことながら今年はコロナ下で中止も検討されたのか、垂れ幕や宣伝はなくて「大菊花展」ではなく、普通の「菊花展」でした。
七五三も掛けているので、この日曜のほうが人出も少ないのではと思って午前中に出かけたら、やはり人出はしていましたが「密」になるようなこともなく、七五三も合格祈願の人も少ないみたいでした。

今年はイベントの中止も多いので前もってネットで調べておきました。もともと天神様のイベントなので無料だし文京区と企業が出資で、懸崖ぎくや傘づくりの菊を二本松などの菊づくりに注文しているものなので結構立派で華やかなものです。
傘作りは一本の菊を継いでいるのかニ三色に蛇の目傘のように丸くだんだら模様に作ってあるもので、出来上がるのに二年かかるそうです。今年は傘づくりの数は少なく、懸崖の濃い色の菊を並べたものがきれいでした。毎年「大河ドラマ」の場面を作る菊人形も出店がなかったのは出資の大企業もコロナで不景気だったのでしょう。

小さな池(ちょっと前に庭を造り変えて、池なども直したみたい)の向かいに「鏡花筆塚」と大きな碑が立って居るのですが、前に新聞にその碑の下には本当に泉鏡花の使った筆が埋めてあると出ていました。埋めてしまっては我々は見ることが出来ないのだけど、筆供養だろうから仕方がないでしょう。今では鏡花も文章が古典のようで、若い人には読まれないのかもしれません。混んでいない境内の中でも菊のないそのあたりは誰も歩かず、神社の人がお掃除をしていました。

小学生兄弟作の菊鉢をママが笑って撮る菊祭り   多香子
4

2020/11/20

「毎日歌壇」掲載」  毎日歌壇他

寒くなってやはりコロナが勢いを盛り返し、本格的な冬を前に数字が過去最高と叫んでいます。(私の予想では季節関係ないのかなと思ったのだけど)お出かけしたいと考えた足を引っ込めかかっています。友人と電話で話したりするのが一番安全な方法だけど、おいしいスイーツなど食べながらお喋りするのはまた格別なのにと思います。

毎日新聞は10月から「歌壇俳壇」の紙面を刷新して、読売に似た縦一列に四段の構成で、活字を大きくし一選者10首の採用に減りました。その分一二席に評が付く形でどちらがいいかは分かりませんが、見やすくなったという声を聞きます。短歌と俳句の間にあった「時評」が無くなったのは寂しいとか、古いプロ編集者からは不評みたいですが、下の方のコラム欄に統一されたようです。文化欄は夕刊などに分散されているみたいで、忙しいと大抵見逃してしまいます。
その新紙面で11月10日付「毎日歌壇」米川千嘉子選に一首掲載されました。

来ぬ人は旅に出たのと思いたし窓の外には雨降り続く        河野多香子

前週の読売に続いたので、びっくりというか嬉しいことでした。これは10月の初めに出したので、約一か月ですね。毎日は選者ごとに経過時間はまちまちみたいです。
このところの晴天で9月から10月の頃の台風や長雨のことはすっかり忘れていました。異常気象でも何でも日本は四季のある国なんだなと思います。米川様ありがとうございました。

今回続けてツイッターで新聞歌壇を流して下さる織部壮さまに引いていただいたこと、ツイッターをやらないのでこの場を借りてお礼申し上げます。(ご本人はお読みにならないと思いますが、ありがとうございます)
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ