2014/5/17

「そののち歌会」5月  「そののち歌会」

五月は「うるわし五月」というくらい緑の美しい気持ちの良い月であるのに、年一回の病院月であるため五月と思うと心せわしくなります。今年はお祭りが陰の年なので、そちらの面倒はないのですが穏やかな風に揺られていたいと思う希望はかなうはずもありません。そのような時のネット歌会はありがたいものです。リアル歌会では感情を出すまいと苦しいだろうし(よく知っている友達同士でも気分を害することがあるのだから)尤も母は、ちっとも目を離せない状態になっているからリアル歌会とか、講演批評会なども無縁な生活でいます。

五月前半の「そののち歌会」は、お題「家、建物」で広がりのあるお題だったけど、私はいつもほど何首も詠まずにこれと決めてしまいました。今回のゲストは「塔」編集長の松村正直さん。23首のお歌が集まって、力作が多い印象だったのですが、難解な歌は多くなく選は結局は好みになるので選に迷う気持ちでした。私の歌は

焼け残る古き洋館子供らは二十面相のアジトと噂す

この洋館は昔上野にいたころ近くにあったもので、古くて不気味なものでした。私は空想癖の怖がりな子供だったから、何かしら悪者や閉じ込められたお姫様がいるのではと恐れたものです。小学校に上がるころにはなくなっていたような気がしますが、私も越してしまったのでその後は知りません。この歌を作る時に過去形で詠おうと苦心してみたのですが、どうにも音や数がうまくなく、現在形でおさめてしまいました。それについての指摘はなく、「三丁目の夕日」のような捉え方をしていただけたのがありがたかったです。現在残っているこのような洋館は、細川さんの「永世文庫」でしょうか。7点頂きました。天(2点)をお二人つけてくださって嬉しかったです。

ゲストの松村さま、選ではないものにも寸評をくださって、私の歌にも
「懐かしい感じのする歌ですね。少し道具立てを揃え過ぎたかもしれません。」という評をいただきました。ありがとうございます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ