2014/7/29

朝顔と桔梗  古典(伊勢、源氏など)

誕生日が来て、母は90歳になった。二年ごとの見直しで介護度が4になった。習い事などの級が上がるのとちがって、何もいい事ではない(千代田区は3以上でしてもらえることが増えるらしいが、余所の自治体では4ないと厳しいと言う話も聞くが)けれど、卒寿を迎えられたので、私はこの後は流れのままだと思っている。

夏になると一首二首と朝顔の歌を詠みたくなり、桔梗はやはり秋までとって置こうとなるのだが、実際に家のベランダでは毎年七月に桔梗が最盛期を迎える。八月には咲き終わって、切り戻した後の花が九月に咲くが、花付は少なくなる。朝顔は以前向かいのお家に朝顔市の鉢が二つ到来したので、家では播かないでその鉢の花を楽しんでいたが、家もそちらもビルの建て直しで朝顔はなくなってしまった。
学生の頃、平安時代位には「朝顔」は「桔梗」と習ったので、ずっと「あさがお」が「ききょう」で、「桔梗」が「朝顔」だったのだろう(つまり名前の取り違え)と思っていたが、今回調べてみたら、平安時代には「桔梗」の表記がほとんどなく、秋の七草にも「あさがほ」としるされているという。「源氏物語」の写真本(この頃目が悪くなって、写真に説明のついた学習研究社の「源氏物語」を愛用している)で「朝顔」の巻をみてもそれは桔梗をうたっていて、秋の風景である。ここに出てくる「朝顔斎院」は六条の御息所の娘で斎院の後、宮中に上がって中宮となった人とはいとこに当る。「秋好中宮」と呼ばれるため、私は混同していたが、別人であることを今回確認して(じきに忘れるけど)よかった。

それでは、いつごろ朝顔が朝顔になり、桔梗が、その花の名になったのかは、ちょっと簡単に調べられなくて分らないのだが、江戸時代には「朝顔市」もあり、朝顔の鉢を仕立てるのが貧乏旗本の内職であったのだから、その頃には今の呼び名になっていたのだろう。私の古語辞典には明智の桔梗紋は一説には「つつじ」のかたちとあって、戦国時代には家紋も勝手に作ったりしていたことを思うと、遡ってどのあたりでききょうは「桔梗」となり、あさがおは「朝顔」となったのか、弟にでも聞いて見なくては。
浅草のほうずき市には行ったことがあるが、入谷の朝顔市には行ったことがない。行燈仕立てにする朝顔鉢は自分で作るには意外と難しく、昔は垣根に這わせたりしたものだか、今ではそんな風流な庭のある家も少なくなってしまった。

涼やかに桔梗咲き初む文月は新暦の夏旧暦の秋  多香子

3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ