2014/8/30

横浜山手  短歌

20年位前の事なので恐縮だが、その時で30年ぶりに横浜へいった。いつも鎌倉へ行ってしまうと、横浜へ降りることはなくて、テレビで見ていても「みなとみらい」と言う所が出来て大層人出がするらしいし、友達に聞くと元町の店は高いばかりという事だったので敬遠していた。「るるぶ」と言う本を貰ったのがきっかけで、山手の方へ友達と行って見ることになった。

横浜と言えば小学生の時「写生大会」(確かクレヨンメーカーの主催)で山下公園に行った記憶しかなくて、それは大層面白くない港の風景だったから大きな船の絵を描くのは私には苦痛だった。写生大会は大抵賞は貰えるのだが、その時の記憶はそんなものだった。(小さい時に入賞などの経験が多いのは大人になって凡人感が増すという事を私は知っている。)友達と行くには、その頃整備されてきたという山手がいいのでは、ということになっておばさん四人で出かけて行ったのだ。
山手にはカトリック教会、インターナショナルスクール、キリスト教系の女学校などがあり、海の方に向かって新しく「神奈川近代文学館」や「大仏次郎記念館」テレビの「なんでも鑑定団」で有名になった「ブリキのおもちゃ博物館」も出来た。私はその頃もう、登りが苦手な心臓になっていたので、タクシーで山の上に行ってしまおうと言う計画をたてた。午前中には石川町の駅に着き、やっと捕まえたタクシーの中から、左右に樹の間がくれのキリスト教関連の学校などを見て外人墓地につけてもらった。平日だったから、ゆったりとした緑の中の道を車で行くのも悪くない。外人墓地はさすがに人が多かった。予想よりも急な斜面にお墓が並んでいるので中へは行かずに写真だけとって、近代文学館の方へあるいていった。新しいエリア(と言うのだろうか)は道もきれいに舗装され、建物の配置も間隔を取って適切で、県か市か知らないが上手な開発と言う印象だった。
その時は時間がなくて、大仏次郎記念館にも他にも寄らず、港の見える丘公園に歩いて、海を眺めて休憩した。何月だったのか、自然の花木は無くて、いかにも園芸店が並べたような花々があるだけで、それはいただけなかった。海の向こうの方に新しいみなとみらいのヨットの帆のような建物が見え、レインボーブリッジが見えた。感動的でもなかったが車の渋滞や人出の事を考えると遠くから見ている方がいいのだと思われた。いよいよ名前だけはゆかしい「フランス橋」を渡ろうと道を下っていくと、下から遠足の学生たちがハアハア言って登ってきた。やっぱり車で上まで行って後は下りだけと言う私たちの勝利だ! と内心思ったことだった。下りきったところの(いまはもうない)メルパルクでお昼を食べて人形の家を観たがその事を書くと長くなるので割愛。

山下公園はやっぱり広いのにごたごたして、そこからJRの横浜駅までもバスが渋滞して帰り道はよくなかった。その後展覧会や三溪園などと何回か横浜へは行ったがそんな経験から20年も昔のことなのに、人には「横浜へ行くなら山手」と言い続けている。テレビなどで見る限り、今でもそのように思うのだが・・・

横浜の外人墓地に眠れるか赤い靴はき巻毛のスザンナ  多香子
3



2014/9/4  12:44

投稿者:多香子

白浜太郎さま、コメント有難うございます。
横浜と神戸はよく似ていると言われますね。歴史は神戸の方が(名は違っても)古いのでしょう。私も神戸は大学の頃行ったっきりですが、母は阪神大震災の後でいとこの家をたずねています。あの時助かった人も今では随分亡くなって、親戚づきあいも無くなりました。
ネットのお蔭で、全国の人と知り合えると言うのもいいことだな、と思っています。

2014/9/4  12:21

投稿者:白浜太郎

私は関西での生活が長く、横浜へは30年前一度立ち寄った事があるだけで、中華街や山下公園も通り過ぎただけであまり覚えていないのですが、同じ港町とは云え、関東と関西の経済力の差を見せつけられた思いが残っています。昔は神戸銀行(山崎豊子の華麗なる一族)は都市銀行で横浜銀行は地銀でした。今は神戸銀行も無くなり人口も神戸150万横浜370万と雲泥の差です。しかし逆に古い建物等が大事に保存され落ち着いた良い町になって来ました。神戸にも山の中に外人墓地があり緑豊かで静かな良い所です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ