2014/9/14

「そののち歌会」九月  「そののち歌会」

何だか慌ただしい中で「そののち歌会」153回がはじまって、自分ではこの歌会が一番大事なようにも思えるのだけど、歌が抒情的に読める時期と明るく突っ張っている時があるので、どんな歌がいいのか(歌会に合っているのか)なんて考えてしまったりしました。雨模様の湿気の強い日が続いたので、割合歌の方から来てくれた時期で(良い悪いは別にして)お題「家具」の難しさにも気にせず一首で仕上げました。
今回は詠草が揃ったら、結構かぶった家具があって、家具にはいろいろあるのに結局は「椅子」「テーブル」「箪笥」のようになってしまうのかと思いました。18人18首と少しゆったりした回でした。私の歌、お題「家具」

洗い髪のままに凭れる籐椅子の端の破れに思う古傷

籐椅子は肘掛が多くどうしてももたれたり、居眠りしたりするもので、もう一首籐椅子にまどろむお歌が出ました。詠草一覧で読みかえしてみると、少し重くて言葉の詰め過ぎを感じましたが、コメントにも言い過ぎと言う指摘はありました。4点頂きました。
今回は、選がしにくくて「わっこれが絶対好き」と言うお歌も無く反対に悪くないけど小さなところが気になると言うお歌が多かったのです。こんな言い方は生意気なのですが、選歌と言うのは結局は好き好きに依ってくるのだと思うのです。天賞ではなかったけれど、とてもよく出来たお歌に(泳二さんかなと思ったらやっぱりそうだった)ランディー・バースの新聞の写真のお歌があって、私でも名前は知っているので、そのくらいの人でもいいと思う歌だなと考えたのに、やっぱり野球好きじゃないし阪神タイガースに思い入れないしと選にはしませんでした。(泳二さんごめんなさい)

ゲストは「塔」の新人賞受賞者佐藤涼子さま。東日本大震災の被災者としての力強いお歌を詠む方と聞いています。
選外の歌にも全首評をいただいて、私の歌への評
<「思う古傷」が語り過ぎだと思います。「もしかしたら、昔の苦い思い出のことを考えているのかも知れない」と匂わせるくらいで良いと思います。>     佐藤様ありがとうございます。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ