2013/5/28

NHK短歌テキストのこと  NHK短歌

私が毎月買っているのは「NHK短歌」テキストだけです。こんなこと書くとほかの総合雑誌の方から叱られるかもしれないけれど、時間のない人間にはあまり色々読んでいる暇がないし、年寄りは段々目が駄目になって辛くなるのです。

「NHK短歌」というのは皆様ご存知のEテレの番組で、投稿者も多いらしく番組放送以外の佳作作品はテキストに掲載になるので、そのために買うという人が多いのだと思われます。でも短歌雑誌としてみた場合、さすがNHk、全国、老若男女に配慮をし、初心者も気楽にはじめられるような入門記事もあります。
また長年やって頭の固くなった年寄りに、今の若い人たちの世界を紹介する、ジセダイタンカというコーナーもあります。

巻頭秀歌には素敵な写真がついて、眺めるのも楽しく、時々あけてみる本としても楽しめます。そしてなんといっても安い。だいたい700円でおつりがくるので、手ごろではないでしょうか。
誰かのブログに、短歌を始めたころ放送を見ながら先生の言葉を一生懸命メモした思い出が書いてありましたが、テキストには放送内容がちゃんと記載されているので、忘れやすい年寄りでも確認することができます。

私はNHKのまわしもの(いまはステマとかいうのかしら)ではありませんが、ちょっとお奨めしてしまいます。なお文中の年寄りと言うのは私のことで、あなたではありません。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ