2014/10/29

童謡「砂山」  短歌

大抵の人は(若い子でも)「砂山」の歌は知っているに違いない。そして曲が二つあると言うことはあまり知られていないかもしれない。ある程度の歳の人は中学や高校の音楽の時間に長調の弾むような曲と短調の物悲しい曲を習っただろう。
作詞は北原白秋。いずれ私は白秋のうたや詩について書いていくだろうと思うので、思い出深い童謡を選んでみたのだ。白秋は大正11年新潟を訪れ、新潟師範の講堂で講演したときに音楽を演奏した子供らに約束して、この歌詞を作ったと言う。その年に中山晋平が作曲して(長調)9月新潟に送られたと長田暁二氏の「美しき日本の歌」解説にある。短調の山田耕作の作曲は翌12年だそうだ。
まず、白秋の詩を

(1)海は荒海 向こうは佐渡よ
  すずめ啼け啼け もう日は暮れた
  みんな呼べ呼べ お星さま出たぞ

(2)暮れりゃ砂山、汐なりばかり
  すずめちりぢり、また風荒れる
  みんなちりぢり、もう誰も見えぬ

(3)かえろみえろよ、茱萸原(ぐみわら)わけて
  すずめさよなら、さよならあした
  海よさよなら、さよならあした

三番の歌詞の「ぐみわら」を私は例によって「麦わら」だと思っていた。茱萸の原っぱを掻き分けてと言う意味にとれなかったのは教科書に三番まで載っていなかったのだろうか。今白秋の詩だと思って読んでも子供にも分かるような優しい言葉と風景描写の(日本海の荒海の)適切さが心地よい。しかしこの歌は曲がついてよりよくなった例であり、二つの作曲がともに良いと言うのも珍しい。
多分小学校か中学で長調の中山作曲を習い、高校ぐらいで短調の山田作曲を習ったと思う。山田耕作は「からたち」などで転調という歌いにくい、しかし西洋と日本の融合のような曲を作ったが、この「砂山」は裏日本の暗さ、日本の哀切を出して俗に落ちていない所がとても好きだった。若い間は山田耕作の「砂山」が何倍も好きと思っていたが、大人になって年を経るとどちらの曲も秀作であり、同じくらいに歌詞を生かしていると思うようになった。

どこまでもつづく砂山日は暮れて二人につらきさすらいの星  多香子
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ