2014/11/13

永観堂の見返り阿弥陀  短歌

これまで京都の事を書くことがなかったのは、私が京都を訪れた回数の少なさと、ネットで歌の交流のある方々に関西在住の人が多いためだからだ。関西圏の人たちはネットの中では関東圏よりすごいパワーで、歌を詠みイベントを開いているような気がする。それでもここに永観堂のことを書こうと思ったのは、数少ない京都旅行で一番当てた紅葉と「見返り阿弥陀仏」の特別公開に行き会った事があるからなのだ。

調べて見たら20年も前だったが、その後で亡くなった友人が抗癌剤の終了後におばさん4人で京都旅行をしたことがあった。紅葉目当てだったから、11月の一泊二日の欲張り旅行には見どころの絞り込みが必要で、二日目に当時始まった「トロッコ列車」を入れたので、一日目は永観堂から南禅寺のあたりに決めた。南禅寺は私一人水路閣を見ていなかったので是非にと行ったのだが、感想は「テレビドラマのまんま」だった。そのころ嵌っていた二時間サスペンスによく出てきていたので、既視感が強かったのだけど、悪くはなかった。
永観堂(禅林寺)は案内書で紅葉の名所とともに、永観さんが阿弥陀如来に邂逅する由来も読んで、憧れて出かけて行った。私達は土日を避けての旅行ばかりだったから、休館の施設などもあるけれどお寺などは休みは無くて、宝物などが非公開なのは仕方ないと思っていた。紅葉のお庭はすばらしく、禅林寺の本堂へ拝観料を納めにいくと「今は本尊阿弥陀像公開中」となっていて、その運の良さに舞い上がりながらお寺の長い広縁を進んだ。永観堂という呼び名は愛称らしく、開基ののち中興の祖と言われる永観さんが弥陀に念仏を唱えて堂内を歩いていた夜中、弥陀のお像が降りてきて共に歩きながら先立ち、振り返って「永観遅し」と言われたと言う。そのとき弥陀の救いを感じて永観さんが悟りを開きその場が後に浄土宗の道場となった。
振り返ったお像はそのまま振り返ったお姿で本尊となっていると言う話だが、話は話としてもその時の永観さんの悟りは凡人にはすぐとは分からない。

広縁を渡っていくと広間の一室に戸を大きく開け広げ、中まで入れるようになっていて、そこに1mには満たない細身の仏像が公開されていた。そのまろやかな体の線、斜め後ろを振り返ったお顔のやさしさ、そのお姿を見た時に凡人でもその救いを信じることの出来る瞬間があるのだと解ったのだ。外は絢爛たる紅葉のお庭、極楽浄土を思わせる景色の中で私たちは何と良い時間をもてたのだろう。しかしおばさん四人組は、つかの間の感動ののち又さざめきながら南禅寺の湯豆腐のことを話題にしていたのだ。

赤よ赤、紅葉の庭の極楽に弥陀のお顔のやさしき涙  多香子

永観堂のお庭に晶子の歌碑があることを、次回に書こうと思う。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ